転職ノウハウ

保育士が重視すべき福利厚生とは?調べ方や注意点まで徹底解説

就職活動や転職活動では、どうしても給与に注目しがちですが、福利厚生にも注目しましょう。保育士の就職・転職活動でも、福利厚生を意識して園を選びたい方は多いと思います。福利厚生が充実している園の方が働きやすくなったり、手当がもらえたりといったメリットがあるため、就職・転職活動では必ずチェックしておきましょう。

本記事では、保育士の方がなぜ福利厚生を重視すべきなのか、保育士の方が重視したい福利厚生について解説します。園の福利厚生をチェックする方法や、就職・転職活動での注意点についても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも福利厚生とは

就職活動や転職活動の際に意識する「福利厚生」ですが、そもそもどのような制度を指すのでしょうか。福利厚生とは、企業が従業員に対して給与以外に支給する手当やサービスのことです。福利厚生には「法定福利厚生」と「法定外福利厚生」があります。

法定福利厚生は法律で定められている福利厚生で、労働時間などの一定の条件を満たす従業員に対しては必ず提供されます。代表的な法定福利厚生として、以下が挙げられます。

  • 健康保険
  • 介護保険
  • 厚生年金
  • 雇用保険
  • 労災保険

法定外福利厚生は、企業が任意で設定している福利厚生です。法律で義務付けられているわけではなく、どのような福利厚生を導入するかは企業の判断に委ねられます。一般的な法定外福利厚生として、以下のようなものが挙げられます。

  • 住宅手当
  • 家賃補助
  • 自己啓発制度
  • 法定以上の育児休業
  • リフレッシュ休暇
  • 昼食代補助
  • 社員旅行

保育園も一般企業と同じく、法定福利厚生は必ず提供されます。法定外福利厚生は園によって異なりますが、働き方に大きく関わるため、就職活動や転職活動の際にはチェックしておかなければなりません。

なぜ保育士も福利厚生を重視すべきなのか

保育士として働く場合も、一般企業と同じように福利厚生は意識した方が良いでしょう。就職する保育園を選ぶ際に福利厚生を重視すべき理由として、以下が挙げられます。

  • 働きやすさがわかるから
  • キャリアプランを立てやすいから
  • 金銭面の計画を立てやすいから

働きやすさがわかるから

福利厚生を事前にチェックしておけば、入職後の働きやすさについてイメージがしやすくなります。

たとえば、休暇制度が充実しているためいざという時に休みやすいことや、ガソリン代の支給があるため車で通勤しやすいことが入職前から分かっていれば、就職・転職活動の参考にできます。

事前に福利厚生をチェックしておかないと、ライフプラン通りに働けない可能性もあります。

キャリアプランを立てやすいから

福利厚生をチェックしておくことで、キャリアプランを立てやすくなるでしょう。福利厚生の中には、資格取得支援制度やセミナー受講料補助など、従業員のキャリアアップを促進する仕組みがあります。キャリアアップ支援が手厚い園であれば、自分のキャリアプランに合わせてスキルアップしやすくなるでしょう。

将来的に保育士資格以外の資格も取得して活躍したい方は、キャリアアップ支援が手厚い園を選ぶと良いでしょう。

金銭面の計画を立てやすいから

福利厚生の中には、住宅手当や家賃補助といった手当が含まれます。手当をチェックしておけば、金銭面での計画を立てやすくなるでしょう。

手当が充実している園であれば、その分手取りが増えます。反対に、手当が充実していない園の場合、家賃などに補助がつかないため、自由に使えるお金は減ってしまいます。事前に福利厚生をチェックしておくことでおよその手取り額が分かるため、新居を選ぶ際などに役立ちます。

あるとうれしい保育士の福利厚生

保育士として園で働く上で、あるとうれしい福利厚生をご紹介します。働く園を選ぶ際は、以下にご紹介するような福利厚生が導入されている園に注目してみましょう。

  • 給食費無料
  • 予防接種費用
  • 被服手当
  • 資格手当
  • 研修制度
  • 系列園の利用

給食費無料

保育士が園児たちと一緒に給食を食べる園は少なくありません。園の給食は一食当たり数百円ですが、月単位・年単位で考えるとそれなりの金額にはなります。

中には、保育士の福利厚生の一環として給食費を無料にしている園もあります。仕事がある日の昼食代が支給される形になるため、保育士にとってはうれしい制度でしょう。

予防接種費用

保育園は、インフルエンザなどの感染症のリスクが高い職場です。子どもたちだけでなく保育士の感染リスクも高くなっているため、予防接種を受けることが推奨されます。園によっては数千円分の予防接種費用を全額負担してくれることもあるため、保育士にとっては助かる制度です。

被服手当

保育士の仕事には、エプロンや動きやすい服装、水遊びのための水着など、さまざまな用途の服が必要になります。保育園によっては仕事中に使うエプロンが現物支給されたり、衣服や靴にかかる費用として被服手当を支給してくれる場合もあります。

衣服は数が必要で、買い替えてもすぐ汚れてしまうため、全額自己負担となると苦しいと感じる方も多いでしょう。被服手当のある園であれば、仕事で使う衣服について心配する必要はなくなります。

資格手当

基本的に、保育園において資格手当とは、保育士資格の保有者に対して支給される手当を指します。保育園では、保育士資格を保有していなくても「保育補助」として働くことができます。そのため、多くの園で、保育士資格を保有している保育士に手当を支給する制度を採用しているのです。

資格手当の額は園によって差があり、基本給に含まれている園もありますが、総じて5千円から1万円程度は支給される園が多いようです。

研修制度

保育士としてのスキルアップを促進するために、研修制度を導入している園もあります。救命講習や危機管理研修、役職やキャリアに合わせた研修や姉妹園を利用した研修など、園によってさまざまな研修制度が実施されています。

保育士としてのキャリアアップを目指したい方は、研修制度の充実した園を選ぶと良いでしょう。

系列園の利用

複数の園を経営している法人であれば、系列園に自分の子どもを入園させられる制度が導入されていることもあります。「子どもが生まれた後も働きたいけど、子どもを預けられないのではないか…」といった不安を抱えなくて済むので、お子さんがいる方や、将来お子さんを考えている方にうれしい制度でしょう。

就職活動・転職活動での福利厚生の調べ方

就職活動や転職活動の際は、必ず福利厚生についてチェックしておきましょう。福利厚生については、求人サイトや転職サイトには詳しく記載されていないこともあります。内定後に条件面を確認する段階で詳しく分かることもありますが、選考段階で福利厚生を調べる方法も把握しておきましょう。

就職活動や転職活動では、以下の方法で園の福利厚生を調べてみてください。

  • 口コミのチェック
  • 転職フェアや説明会
  • 求人票のチェック
  • 転職エージェントの利用

口コミのチェック

園の福利厚生が分からない時は、口コミをチェックしてみましょう。福利厚生だけでなく、園の体制や働き方について、実際に働いていた保育士の情報を得られる可能性があります。

口コミは情報が古いこともあるため、福利厚生をチェックするうえでの決め手にはなりません。また、地方の保育園や、できて間もない保育園の場合は、インターネット上にあまり口コミがないこともあります。

求人票のチェック

福利厚生について知りたい場合は、求人票をチェックしておきましょう。福利厚生欄では、制度についてある程度の記載がされているはずです。詳しい内容が記載されていない場合は、面接や見学、説明会などのタイミングで担当者に確認しておきましょう。

転職エージェントの利用

園の採用担当者に直接確認するのに抵抗がある方も多いでしょう。転職エージェント・就活エージェントを活用して転職する場合は、エージェントに代わりに確認してもらうこともできます。保育士専門の転職エージェントもあるので、転職の際は積極的に利用すると良いでしょう。

保育士の福利厚生についての注意点

最後に、保育士の福利厚生についての注意点をご紹介します。

  • 質問の仕方に注意する
  • 福利厚生だけで園を決めない
  • 福利厚生が負担になることもある
  • 条件や実態をチェックする

質問の仕方に注意する

福利厚生が気になる方は多いでしょうが、園の担当者に確認する際は、質問の仕方に注意しましょう。説明会や面接の際に福利厚生に関する直接的な質問ばかりをしていると、「待遇の良さにしか関心がないのではないか?」と思われてしまう恐れもあります。

福利厚生に関する質問ばかりをしないように気をつけるのはもちろん、質問の前置きに注意することで、採用担当者に良い印象を与えられることもあります。たとえば、産休や育休制度について確認したい場合は、以下のように質問してみましょう。

「結婚や出産後も御社に貢献したいと考えていますが、実際に産休や育休制度を利用して活躍されている方はどのくらいいらっしゃいますか?」

上記のように質問することで、前向きに働きたい気持ちをアピールしながら福利厚生について確認できます。福利厚生の内容を確認したい時は、質問の仕方に気を配ってみてください。

福利厚生だけで園を決めない

福利厚生だけで園を決めないことも大切です。福利厚生だけを理由に園を選ぶと、園の保育方針と自分の理想にミスマッチがあるなど、実際に入職してからの働きにくさにつながってしまうこともあります。

福利厚生だけで園を決めてしまうと、志望動機の作り方にも苦労するでしょう。志望動機として福利厚生だけを理由に挙げてしまうと、どうしても園からの印象は悪くなってしまいます。

入職後の仕事や面接時の印象のためにも、福利厚生だけではなくさまざまな要素を考慮して志望する園を決めましょう。

福利厚生が負担になることもある

充実した福利厚生が負担になることも珍しくありません。たとえば、福利厚生の一環として、社員旅行や忘年会などが開催される保育園もあります。保育士同士の親睦を深め、労をねぎらうことを目的とした福利厚生ですが、暗黙の了解として半ば強制的に参加せざるを得ないケースもあるでしょう。

イベントが好きな人にとっては良い福利厚生かもしれませんが、職場の人との交流がストレスになる方もいるでしょう。そうした方にとっては、福利厚生が逆に負担になってしまいます。もちろん、イベントが開催される園は絶対に避けた方が良い、という訳ではなく、重視すべき要素は他にたくさんありますが、ポイントの一つとしてチェックしておいた方が良いでしょう。

条件や実態をチェックする

福利厚生の条件や実態はチェックしておきたいところです。たとえば、福利厚生の一環として各種手当が支給されることになっていても、実際には手当を受け取るのに条件があることも珍しくありません。また、有給や育休が制度としてあったとしても、そうした制度を利用しにくい雰囲気になっており、実態として取得率が低い園もあるでしょう。

単純に福利厚生の種類だけをチェックするのではなく、条件や実態についても可能な限り確認しておくことをおすすめします。

まとめ

本記事では、保育士が重視すべき福利厚生について解説しました。福利厚生は、働きやすさやキャリアアップのしやすさ、手取りの給与に直結します。保育士の転職・就職活動においても、福利厚生は事前にチェックしておかなければなりません。

保育士にとってうれしい福利厚生として、給食費や予防接種費用、被服手当や研修制度などが挙げられます。園によって福利厚生の内容は異なるため、詳しい内容を確認しておきましょう。福利厚生を確認する際は、求人票のチェックや転職エージェント・就活エージェントの活用がおすすめです。

福利厚生を重視することはもちろん大切ですが、そればかりを意識すべきではありません。福利厚生だけでなく、保育方針やキャリアパスなど、さまざまな要素をきちんと考えて園を選びましょう。