転職ノウハウ

保育補助とは?筆者の体験談をもとに解説します!

保育の勉強をしている学生さんや保育士の経験がある方など、保育の現場で働きたいと考える人がいるのではないでしょうか。深刻な人手不足が起きている保育現場では、保育補助の存在は重宝されます。「子どもと関わった経験が無くて、自分に務まるかが分からない」「ブランクがあるから不安」と考えている人こそ、保育の現場を間近でみれる保育補助を検討してみてはどうでしょうか。今回は、保育補助の仕事内容やメリット・デメリットを筆者の体験談も交えながら、解説していきます。

保育補助とは?保育士との違いを解説

そもそも、保育補助と保育士の違いは何なんでしょうか。名前が似てても、その働き方や仕事内容は少しずつ変わります。保育士と比較しながら違いを解説していきます。

保育補助の働き方や雇用形態

保育補助とは、一言であらわすと「保育士が保育を円滑に進めるためのサポート」をする人といえます。保育士は常勤である一方、保育補助はパートやアルバイトの非常勤が主です。保育園に子どもを預ける家庭は、両親の仕事などで、日中家庭で子どもを見ることが難しい場合が多いです。そのため、保育園は早朝から夜まで子どもを預かるところが一般的です。

逆に、夜間に子どもを家で見ることが難しい場合に利用できる夜間保育もあります。それぞれの園が、通常何時から何時まで保育をしているのか、また土曜保育はあるのかなど確認して、自分の働ける時間とすり合わせる必要があります。また、保育士資格や子育ての経験がある場合、お給料の条件が変わる場合があるため、確認をすると良いでしょう。

保育補助は資格がいらない!?

保育士になるためには保育士資格が必要な一方、保育補助は特別な資格は必要ありません。そのため、保育士を目指す学生さんや、子育ての経験がある方など、子どもと関わる仕事がしたい方にとってぴったりのお仕事です。実際の保育現場で、保育士の仕事や子どもの活動を知ることができます。保育士へのキャリアアップや資格取得を目指す方であれば、お仕事をしながら学べるので一石二鳥ですね。しかし、資格が不要であっても、「子どもの命を預かるお仕事」であることには変わりないため、責任を持ってお仕事することが前提です。

保育補助の、気になる仕事内容とは?

保育補助の仕事内容は、多岐にわたります。大きく分けて、「子どもと直接関わるお仕事」と「間接的に関わるお仕事」があります。直接関わる仕事は、一緒に遊んだり食事や排泄、睡眠の援助などが挙げられます。間接的に関わる仕事は、掃除やおもちゃの消毒、教室に飾る壁面作り、行事で使う物の準備などです。

プールや運動会、生活発表会など季節や行事によって子どもの活動が変わるため、保育補助に求められる仕事もさまざまです。保育士が主となって子どもたちの活動を進める一方、保育補助は「保育士が何に困っているのか」「どこに人手が必要だと感じているのか」を確認しながら臨機応変に動くことが求められます。

保育補助を仕事にするメリット

子どもたちの成長を見守る保育補助は、やりがいのあるお仕事です。保育士を目指している方やブランクがある方にとって、現場で実践しながら学べることは魅力的ですよね。ここでは、保育補助のメリットについて紹介していきます。

保育士の仕事が分かる!経験になる!

保育補助になると、保育士の仕事や子どもの活動を近くでみることができます。保育にまつわる書籍や講義など、保育について学べる素材はたくさん存在しますが、現場で働いてみると多くの気づきがあるでしょう。保育は、あくまでも人と人との関わりの中で成り立つものなので、理論だけでなく実際に現場の様子をみることが大切です。初めは、一日の流れや子どもの様子がつかめず、周りの保育士に頼ることが多いと思います。しかし、保育補助として子どもと関わった経験は自信になり、就職やキャリアアップ、自身の子育てにおいても役立つものです。

保育補助は、未経験でもブランクありでもなれる!

前述した通り、保育補助になるために特別な資格はありません。そのため、保育士の経験が無くても、保育の仕事から離れてブランクがあったとしても、保育補助になれます。ただし、保育士でも保育補助でも、大切な命を預かることには変わりありません。「子どもが好き」だけで無く、責任を持って子どもと関わることが前提になります。さらに、子どもの発達段階や特性など保育についての基礎知識がある方や育児経験者は、自身の知識や経験を活かして活躍できる場です。

保育補助を仕事にするデメリット

保育補助のお仕事は、保育士と比べて仕事内容やお給料が少し違います。保育補助は未経験でも始められる代わりに、任される仕事が保育士よりも少なくなります。それに伴い、どのようなデメリットがあるのか、解説していきます。

子どもと直接関わる機会が少ない場合がある

保育補助の仕事は、掃除や消毒、次の活動の準備など、直接子どもと関わることが少ない場合があります。「子どもが好きでこの仕事を選んだのに」と、イメージしていた仕事内容が違うことがあるかもしれません。しかし、「保育士が保育を円滑に進めるサポート」として働くことは、間接的ではあっても子どもの笑顔に繋がる重要な役目であることに変わりありません。雑務を素早く丁寧に終わらせて、子どもと関わる時間を自分で作る工夫をすることもできます。

お給料が安定しない

保育補助は、パートやアルバイトなどの非正規雇用であることが多く、シフト制だと月によってお給料が変動します。子どもを受け入れている時間が長い園や人手が不足している園だと、早朝や夜のシフトに入ると別途で手当が発生する場合もある。また、保育士資格や経験の有無でお給料が変わることもあるため、事前に確認しておくことがポイントです。

子どもや保護者と信頼を築くのに時間がかかる

保育補助はクラスを担任することはなく、保護者とコミュニケーションをとる機会が少ないです。保育士と比べて子どもや保護者と関わる時間が短いため、信頼を築くまでに時間がかかります。たとえば午睡で寝かしつけをする時、他の保育士が背中をさするとすぐに寝るのに、自分がさするとなかなか寝つかないようないようなこともある。また、関わる時間が短いため、子どもの成長に気づきにくかったり、子ども同士の関係性がつかみにくかったりする。日々の保育の方針や行事などは保育士が主となって決めるため、保護者から問い合わせがあってもすぐに答えられないこともあるでしょう。

保育補助のお仕事をした筆者の体験談

筆者は大学で保育士になるための勉強をしながら、保育補助としてアルバイトをしていました。実際の現場で、保育士の仕事内容や子どもとの関わり方を知ることができたので、多くの学びを得られました。ここでは筆者の体験談をもとに、保育補助に求められることについて書きます。

保育補助は、責任が必要なお仕事

保育補助といえども、保育現場で子どもを預かり見守る仕事なので、責任あるお仕事です。子どもが園で楽しく過ごすことはもちろん、元気に帰って来ることが保護者の求めることです。例えば近くの公園に遊びに行くとき、目的地へ向かう道中は注意が必要です。歩道を歩くときは自転車に気をつけ、声かけや交通整理をします。また、列を作って歩く場合、前の子と間隔が開くと目が行き届かず

危険なので、声かけや手を引いて歩くなどの援助が必要です。

また、着替えやおむつ交換を頻繁にする発達段階のお子さんには、持ち物の名前を確認することを徹底しましょう。一人ひとりが、1日にたくさんの着替えを持ってきているため、混ざらないように注意することが大切です。

給食のときには、アレルギーにも注意しましょう。万が一、アレルギーがある子の配膳を間違えてしまうと命に関わる事態です。配膳するときは、保育士とダブルチェックをしたり、園のルールを確認しながら配膳することが大事です。筆者は、アレルギーがある子の席に、除去食でないものを誤って配膳してしまったことがあります。口をつける前に保育士が気づき大事を免れましたが、ヒヤリハットな事例でした。

保育士とのまめな連携が大切

 保育補助が特に大切にしたいのが、保育士との連携です。特に、体調の変化やお友だちとの関係について気づいたことがあれば、すぐに保育士に伝えることが大切です。

保育士に対応を任せたり、指示を仰いだりして、そのままにしないようにしましょう。

また、伝えるばかりでなく、保育士から子どもの情報を聞くことも連携の一つです。一人ひとりの特性や行動パターンを把握できていないころは、どこまでを援助して、どこまでを見守るのか線引きが難しいことがあります。

たとえば着替えの時、本来は自分で着替えられるのに、こちらが把握していないために着替えの援助をしてしまうこともあるでしょう。

食事の場面では、苦手な食べ物が出てきた時、細かく切れば食べられる子どももいます。しかし、そのことを把握していなければ、結局食べられず残してしまうかもしれません。

また、お友だち同士の関係において注意が必要な子がいる場合、こちらが間に入って関係を保つことで、トラブルが起きづらくなります。

子どもの様子は日々変化するものなので、以前の情報だけを頼りにせず、不安なことがあれば保育士に確認することが大切です。

保育士や子どもの動きを観察する

保育補助は、「保育士が保育を円滑に進めるためのサポート」をするために、常に周りをみて行動することが求められます。保育士や子どもとの関わりの中で、臨機応変に対応しましょう。

一日の予定がある程度決まっていたとしても、その都度何をすれば良いか保育士が指示をくれる訳ではありません。

たとえば、一日の中で「遊戯室でマット運動をする」という予定があれば、その時間に向けて「事前に遊戯室にマットを準備しておくこと」や、「遊戯室までの移動が必要」ということを頭に入れて、行動する必要があります。

また、マット遊びをしている時、目の前の子どもをみている間に、別の場所で危険な遊び方をしている子がいるかも知れません。

一人ひとりとの関わりを大事にしながら、全体を観察して安全に遊べるよう見守ることが、保育補助のお仕事の中でも大切なことです。

保育士が子どもの様子をみて活動を進めるのに合わせて、保育補助も周りの様子を観察しながら行動しましょう。

保育士や子どもが、「何に困っているのか」「どのような援助を求められているのか」を見極めることで、周りを観察する力がついてきます。

しかし、状況をみて行動することが大切な一方、保育士に確認してから判断した方がいい時もあります。筆者は、泥遊びの時にどうしても泥を触りたくない子と関わったことがあります。あの手この手を使い、なんとか泥遊びをしようと促しましたが、かたくなに泥を触りたがりませんでした。後で保育士に話を聞くと、感覚が過敏で泥が苦手とのことでした。子どもの特性を理解したうえで関わらなければ、子どもに苦痛な思いをさせてしまうかもしれません。特に子どもの特性や様子については、保育士と密に連携しながら把握する必要があります。

まとめ

保育補助の働き方や求められることを、筆者の体験談も交えながら紹介しました。保育補助は、子どもと直接的にも、間接的にも関わることができるお仕事です。働きながら保育士や子どもと接することができるので、子どもが好きな方や勉強をされている方にはうってつけです。保育の現場を間近でみれる保育補助を検討してみてはいかがでしょうか。