転職ノウハウ

新卒保育士の志望動機の作り方!ポイントから例文まで徹底解説

就職活動の際に必ず質問される「志望動機」は、書類選考においても面接においても重要なポイントになります。しかし、新卒で保育士として就職活動を行っている方の中には、どのように志望動機を作れば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、新卒保育士の志望動機に盛り込みたい内容や注意点、実際の志望動機のNG例と良い例をご紹介します。志望動機作りの参考にしてみてください。

新卒保育士の就活は志望動機がカギ

新卒保育士の就活では、志望動機が重要なカギとなります。保育士になるには資格が必要ですが、資格さえあれば誰でも保育士になれるというわけではありません。志望動機をきちんと作り上げて、園での仕事に対する意欲の高さをアピールする必要があります。

履歴書や面接での志望動機とは、「なぜその園で働きたいと思ったのか」「その園のどのような点に魅力を感じたのか」を文章として表現したものです。保育園の採用担当者は、志望動機をもとに学生の意欲の高さを見極めます。選考において非常に重要なポイントになるため、疎かにせずきちんと考えましょう。

新卒保育士の志望動機に盛り込みたい内容

新卒保育士の志望動機では、以下の内容を盛り込みましょう。

  • 保育士を目指す理由
  • その保育園を志望する理由
  • 自分の強み
  • 将来のビジョン

それぞれの内容について解説していきます。

保育士を目指す理由

保育園側は、その人が「保育士」という仕事に対してどのくらいの熱意を持っているのかを確認しておきたいものです。保育士を目指す理由にも色々ありますが、たとえば「手に職をつけたかったから」といった理由で保育士を目指している人を、保育園側は採用したいと思うでしょうか?他の仕事にも当てはまるような理由で保育士を目指している人よりも、保育士ならではの理由がある人の方が、仕事への関心や熱意の高さを感じられるものです。

たとえば、「子どもが好きだから」という理由で保育士を目指している方は多いでしょう。しかし志望動機としては、「子どもが好きだから」だけでは、他の志望者と差がつかず、埋もれてしまいます。「なぜ好きなのか」「保育士という仕事を通して、子どもにどう関わっていきたいのか」といった点まで深堀りすることが大切です。

その保育園を志望する理由

志望動機は、保育士として働きたい理由だけをどれだけ具体的に深堀りしても成立しません。「その保育園で保育士として働きたい理由」を明らかにしなければなりません。どの保育園にもあてはまるような志望動機だと、「他の園でもいいのではないか?」と採用担当者に思われてしまう可能性もあります。

事前に志望する園についての情報を集めて分析し、その園の魅力やポイントと、自分の考え方や理想がどのように一致しているのかを考える必要があります。たとえば、「子どもの個性に合わせた丁寧な保育がしたい」という自分の希望と、「小規模で一人一人の子どもに寄り添った保育ができる」という園の特徴が一致していることを志望動機として表現できれば、園への志望度の高さとモチベーションをアピールできるでしょう。

自分の強み

志望動機には、自分の強みも盛り込んでおきたいところです。本来、自分の強みは「自己PR」として聞かれることが多いですが、志望動機の中でも自分の強みをアピールできれば、採用に近づけるでしょう。

自分の強みをアピールする際は、「保育士を目指す理由」や「その保育園を志望する理由」とマッチした強みを考えてみましょう。たとえば、「子どもの頃からピアノを習っていた」という強みと、「音楽活動やリトミックに力を入れている」という保育園の特徴がマッチしていることを示すことができれば、より効果的なアピールにつながります。

将来のビジョン

自分がどのような保育士になりたいのか、将来のビジョンも志望動機に盛り込んでおきましょう。新卒採用では、その時点でのキャリアやスキルよりも、性格や人柄・将来的な伸びしろを期待されます。将来像が明確な志望者の方が、向上心やモチベーションを期待してもらえるため、自分が目指す保育士像を具体的にしておきましょう。

新卒保育士の志望動機の注意点

志望動機を作る際は、以下のポイントに注意してみてください。

  • 具体的に書く
  • ネガティブな理由を書かない
  • 条件・待遇面に触れない
  • 保育方針の違いを理解する
  • 受け身な姿勢を見せない

それぞれのポイントについて、詳しく解説していきます。

具体的に書く

志望動機を作る際は、具体的に書くように意識しましょう。あまりに大雑把な内容の志望動機では、熱意やモチベーションをうまく伝えられません。

たとえば、「貴園の理念に共感をおぼえ、志望いたしました」といった内容では、具体的にどのような点に共感したのかが分かりません。他の園の志望動機としても使えてしまいます。園の採用担当者から見れば、その応募者を採用することによるメリットが想像できず、採用にはつながりにくくなってしまうでしょう。

具体的なエピソードを使ったり、公開されている園のホームページの情報を参考にしたりすると、志望動機に説得力を持たせられるでしょう。志望動機を作る際は、具体性があるか、他の園にもあてはまることを書いていないかをチェックしてみてください。

ネガティブな理由を書かない

ネガティブなことを書かないのも、大切なポイントの1つです。園に対するネガティブな印象や、保育士に対するネガティブな印象を志望動機に盛り込むのは避けた方が良いでしょう。

たとえば、志望する園に対する志望度の高さをアピールしたいがために他の園について悪く言う内容や、他の仕事を目指していたが叶わず、仕方なく保育士を目指すことにしたといったエピソードは、書かないように注意しましょう。読み手がネガティブな印象を受ける内容が含まれていると、どうしても採用担当者からは敬遠されてしまいます。

保育士を目指す積極的な姿勢と、その園を志望するポジティブな理由をメインに志望動機を組み立てましょう。

条件・待遇面に触れすぎない

条件や待遇面に触れすぎないのも大切なポイントです。条件や待遇はたしかに気になるポイントではありますが、そればかりに言及している志望動機では「条件だけで園を選んでいるのではないか」「モチベーションがあまり高くないのではないか」と思われてしまう恐れもあります。

条件や待遇について触れるのであれば、「スキルアップを支援する仕組みが整っているため、自分が成長できれば子どもたちや園にも良い影響を与えられるから」といった仕方で、園にとってもプラスになる形で言及すると良いでしょう。

保育方針の違いを理解する

志望動機を作る際は、「その園でなければならない理由」をアピールしたいところです。その際、保育方針の違いを理解しておくことが大切です。保育方針とは、園としてどのような保育を行っていくか、およその方向性を指す言葉です。保育方針は園によって異なるため、各園の違いを把握して、志望動機に盛り込むと良いでしょう。

受け身な姿勢を見せない

志望動機では、受け身な姿勢を見せないように注意しましょう。志望動機の中に受け身な姿勢が見られると、採用担当者側は「この人を採用しても園にメリットがあるのだろうか」と考えてしまいます。

たとえば、「これから成長していきたい」「色々と勉強させてもらいたい」といった文が含まれていると、学生気分だと思われてしまったり、保育園任せだと思われてしまう恐れもあります。成長する意欲があることをアピールするのは大切ですが、自発性や積極性があることをきちんと表明しておく必要があります。また、自分のモチベーションだけでなく、保育園と子どもたちに対してどのような貢献ができるのかをアピールすることも大切です。

新卒保育士の志望動機のNG例と良い例

それでは、実際に新卒保育士の志望動機のNG例と良い例を見ていきましょう。

NG例1

「私が貴園を志望する動機は、貴園の保育目標に共感をおぼえたからです。「子どもたち一人ひとりと丁寧に向き合う」という保育目標は、私の理想とする目標でもあり、ぜひ私も同じ目標をもって一緒に働いていきたいと考えています。」

この志望動機では、「保育目標に共感をおぼえた」という点で、他の保育園との差別化を図れているようにも見えます。しかし実際のところ、具体的なエピソードや自分の目標、将来へのビジョンが語られておらず、どういった点で目標に共感したのか、他の園ではなくこの園で働きたい理由が見えてきません。どの保育園でも通じてしまう志望動機に見えてしまいます。

良い例1

「私が貴園を志望する動機は、「子どもたち一人ひとりと丁寧に向き合う」という貴園の保育目標に共感したからです。私は保育士として、一人ひとりの子どもたちとじっくり向きあい、それぞれの個性を尊重した保育を実施していきたいと考えています。

保育実習で貴園に伺った際、貴園の先生方が子どもたち一人ひとりをきちんとケアし、それぞれの個性を尊重して深く関わっている姿を拝見いたしました。そうした姿勢に感銘をうけ、保育目標にあるように、一人一人を尊重する保育士として働いていきたいと考え、志望いたしました。」

こちらの志望動機は、単に「保育目標に感銘を受けた」で終わらずに、保育実習の際の保育士の先生方の姿、というエピソードをふまえて作られています。そのため、志望動機に具体性があり、熱意やモチベーションが伝わりやすくなっていることが分かるでしょう。

NG例2

「私が貴園を志望した理由は、保育士としてもっとステップアップしていける環境だと判断したからです。待遇が良いためモチベーションを保って働いていけるだけでなく、家から近いため働きやすいと考え、志望しました。経験豊富な先生方がたくさんいらっしゃるようなので、ぜひ保育士としてのスキルを勉強させてもらいたいと考えています。」

この志望動機からは、条件面に言及し過ぎており、受け身な姿勢が見て取れます。「待遇が良い」という理由では、他に待遇の良い園があったらそちらに行ってしまうのでは?と思われてしまいます。また、「勉強させてもらいたい」という受け身な姿勢も、学生気分が抜けていないと判断される材料になってしまいます。

良い例2

「私は、子どもの頃に関わった保育士さんに憧れ、保育士を志すようになりました。貴園の理念でもある「子ども達の主体性を育んでいく保育」に共感しており、子どもたち自身に興味や関心を持ってもらえるような環境を作り、自発的な成長を見守っていける保育士を目指していきたいです。

また、私自身の地元で、地域貢献活動を盛んに行っていらっしゃる点も、貴園を志望した理由の1つです。子どもたちと保護者の方だけでなく、地域全体に愛される園である貴園の一員として働き、地元への恩返しをしていきたいという思いもあり、志望いたしました。」

こちらの志望動機では、待遇面には触れず、保育士を目指す具体的なエピソードと、保育理念への共感を使っています。また、「家から近い」と直接言うのではなく、「地元に恩返しがしたい」という表現を使うことで、地元への貢献に対するモチベーションをアピールしているのもポイントです。

まとめ

本記事ではここまで、新卒保育士の方向けに、志望動機の書き方のポイントを解説してきました。新卒の就職活動では、その時点でのスキルやキャリアよりも、性格や人柄、モチベーションが重視される傾向にあります。そのため、保育士という仕事や園に対して高いモチベーションがあるということを示せる志望動機を作らなければなりません。

志望動機を作る際は、自分の強みや将来の目標と、園の特徴や強みの両方を分析する必要があります。保育士を目指す理由や動機を再確認すると同時に、志望している園がどのような保育方針のもとに保育を行っているのか、情報を集めておきましょう。自分と園の方向性が一致しているポイントが分かれば、採用に近づける志望動機が作れるはずです。