転職ノウハウ

保育士はピアノを弾けないとなれないのか。苦手な人が取るべき行動とあわせて紹介

保育士はピアノを弾けないとなれないのでしょうか。保育士にとってピアノが弾けるようになるべきかについて押さえておくことは非常に重要です。そこで本記事では、保育士はピアノが弾けないとなれないのかを苦手な人が取るべき行動と合わせて紹介します。保育士になりたい人はぜひ参考にしてみてください。

Contents
  1. 保育士はピアノの演奏が必要なのか
  2. 保育士がピアノを演奏するために必要なレベルとは
  3. 保育士でピアノが苦手な人はどうしたら良いか
  4. 保育士がピアノのスキルを向上させる方法
  5. 保育士のピアノの腕前はどのように影響するのか
  6. 保育士のピアノ演奏が必要ない保育施設
  7. 保育士になりたいけどピアノが弾けない人も諦めず上達を目指そう
  8. まとめ

保育士はピアノの演奏が必要なのか

ピアノが苦手でも保育士資格を取得することは可能です。保育士試験の実技でピアノの演奏ができない場合でも、造形や言語に関する技術を実技試験で選択できます。また、音楽の実技試験ではピアノ以外の楽器を使用することも可能です。

保育士専門学校に入学する場合、ピアノの授業が組み込まれていることがありますが、必ずしも受講しなければならないわけではありません。保育園で働く場合、ピアノの演奏ができることで子供たちに音楽の楽しさを教えることができますが、ピアノができない場合でも他の方法で音楽を取り入れることができます。

保育士がピアノを演奏するために必要なレベルとは

保育士がピアノを演奏するために必要なレベルを2つ紹介します。

・童話の曲を簡単に弾ける

・弾き語りができる

下記では、それぞれのレベルについて解説します。

童話の曲を簡単に弾ける

保育園においては、ピアノが弾けなければならない場合があります。保育士には、バイエル終了程度の初心者向けピアノ楽譜のレベルが求められており、楽器の読み方や基本的なスキルを身につけることができる教材です。

また、他の楽譜を選ぶ際には、定番曲や季節の曲が含まれている子供たちが楽しめる楽譜を選ぶと良いでしょう。そのほかに、指番号がついているなど、弾きやすさを重視することも重要です。

参照:標準版ピアノ楽譜 バイエル・ピアノ教則本 New Edition

弾き語りができる

子供たちと一緒に歌えるようになると、演奏がより楽しくなります。また、子供たちの反応を見ながら演奏することで、子供たちにアイコンタクトを送ることができます。ピアノが苦手でも練習をすれば弾き語りはできるようになります。片手で演奏しながら子供たちと一緒に歌うことで、より楽しい音楽体験を提供できます。

保育士でピアノが苦手な人はどうしたら良いか

保育士でピアノが苦手な人が取るべき行動を4つ紹介します。

・他の楽器の演奏やダンスで参加する

・ダンスや手拍子で楽しく参加する

・ピアノが弾けなくても大丈夫な保育園で就職する

・音源を利用する

下記では、それぞれの行動について解説します

ピアノが苦手な保育士が取るべき行動1:他の楽器の演奏やダンスで参加する

ピアノが苦手な保育士は、子供たちと一緒に歌うために他の楽器を使用しましょう。また、ピアノを弾く他の先生と連携して、自分はダンスや振り付けを担当する方法もあります。

この場合、ピアノを弾く先生がメロディを担当し、保育士は歌詞や振り付けを考えて役割を分担することができます。保育士同士は協力しながら、子供たちに楽しい時間を提供することを心掛けましょう。

保育士でピアノが苦手な人が取るべき行動2:ピアノが弾けなくても大丈夫な保育園で就職する

ピアノの演奏が得意でない場合でも、就職できる施設や園はたくさんあります。例えば、一部の園では、童謡を歌う際にピアノではなくCD音源を使用したり、アカペラや手拍子だけで歌ったりすることもあります。

ピアノの演奏が得意でなくても、そのような施設や園で働くことでピアノが弾けないという悩みは解消します。ただし、就活の際には、そのような情報をしっかり確認することが重要です。求人情報や園のウェブサイトなどで、ピアノの演奏に関する情報を探しましょう。

また、園見学に参加すると、ピアノのスキルについて尋ねられることもあるかもしれません。その際には、ピアノの演奏が得意でなくても、他の音楽活動や保育に関する経験やスキルをアピールすることが重要です。

保育士でピアノが苦手な人が取るべき行動3:音源を利用する

ピアノで伴奏をするのが困難と悩む保育士の方々には、CDやネットで配信されている音源を用意することを強くおすすめします。ピアノの演奏が苦手でも、歌入りの音源を使用すれば子供たちと一緒に歌うことが可能です。

音源を活用することで、保育士の方々は子供たちと一緒に音楽を楽しむことができ、子供たちも音楽に触れる機会を得ることができます。音楽は子供たちの感性やコミュニケーション能力を育むため、保育士にとっても非常に重要な教材となります。

保育士がピアノのスキルを向上させる方法

https://lh4.googleusercontent.com/J_EEz5fYumvcGl75KiekvnTNu_TkxSzRjmczPjewyxNEVfJNv0Y8dtcjz7GN0HpyphTLqrt-Ivy83YopRukQQXRsGR2aZBrZ5ISUr_CvRbAP0yHQOfI2vyQ3YtJYAnOE7cTSYfTM9sq_akziI10r1tI

保育士がピアノのスキルを向上させる方法を6つ紹介します。

・ピアノ教室に足を運ぶ

・初めは片手から演奏する

・ピアノ演奏と同時に歌う

・Youtubeを活用する

・初心者向けの曲から練習する

・動画を使って客観的に自分の演奏を聴いてみる

下記では、それぞれの方法について解説します。

保育士がピアノのスキルを向上させる方法1:ピアノ教室に足を運ぶ

ピアノを演奏しながら子供と一緒に歌えるようになるためには、ピアノの教本であるバイエルを完了する程度まで技術を習得することが望ましいです。しかしながら、ピアノの独学練習は困難な場合もあります。そういった場合には、大人向けのピアノ教室に通うことをおすすめします。

大人向けのピアノ教室では、保育士向けのカリキュラムも提供されているところもあります。このような教室では、指導者から適切な指導を受けることができ、ピアノの上達を効率的にすることができるでしょう。

ピアノを弾きながら子供と一緒に歌うことは、子供の音楽的な感性を培うだけでなく、絆を深める素晴らしい経験です。ぜひ、ピアノ教室でのレッスンを検討してみてください。

保育士がピアノのスキルを向上させる方法2:初めは片手から演奏する

ピアノ初心者や苦手な方には、最初は片手で練習することをおすすめします。片手のみを使った曲の楽譜も多数ありますので、その中から1冊選んで練習してみましょう。これにより、ピアノに慣れることができます。

また、片手で練習することで、指の動きを学ぶことができます。まずは、基礎をしっかりと身につけることで、次に両手で演奏する際にもスムーズに対応できるようになります。

保育士がピアノのスキルを向上させる方法3:ピアノ演奏と同時に歌う

ピアノを弾きながら歌うことは困難ですが、保育現場においては子供たちとのコミュニケーションを促進するために必要不可欠です。子供たちが歌を楽しめるように、笑顔で伴奏しながら彼らの歌を引き出し、歌う喜びを伝えることが非常に重要です。

また、子供たちが自信を持って歌えるように、歌のリズムや音程に合わせてピアノの伴奏を調整することも非常に重要になります。

保育士がピアノのスキルを向上させる方法4:Youtubeを活用する

初心者の方でもピアノの練習方法を学べる多数の動画がYouTubeにはあります。動画を選択し、それを参考にしながら練習することで、効果的に上達することができます。

ピアノの基礎を丁寧に解説した動画や、練習曲の演奏方法を教えてくれる動画など、様々な種類の動画があるので、自分の目標やレベルに合ったものを選ぶことが重要です。また、動画を見ながら練習することで、正しい姿勢や指の使い方なども学べます。

ただし、動画を視聴するだけでなく、実際にピアノを演奏して見様見真似で練習することが非常に大切です。

保育士がピアノのスキルを向上させる方法5:初心者向けの曲から練習する

ピアノが苦手な方や未経験の人は、難しい曲よりも、自分が弾き歌いしやすい曲や簡単な伴奏の曲を選んで練習しましょう。また、練習する曲は自分の好きな曲にするとモチベーションが上がります。さらに、楽譜を見ながら弾くだけでなく、耳コピやコード進行を覚えることもおすすめです。

これにより、ピアノの演奏力が向上し、自信もついてきます。練習の際には、少しずつ目標を設定して、達成感を味わいながら進めてください。また、練習時間を定期的に確保し、継続的に取り組むことも大切です。

保育士がピアノのスキルを向上させる方法6:動画を使って客観的に自分の演奏を聴いてみる

弾き語りの練習中に動画撮影することは、自分の演奏や表情に気づくための効果的な手段です。動画を見ることで、自分自身では気づかなかったテンポの乱れや笑顔の不足、歌声のボリュームの問題点が見つかります。これにより、改善点を把握しやすくなります。

また、動画撮影によって緊張感が生まれ、実際のパフォーマンスをイメージしながら練習できます。それにより、本番さながらの状況での演奏に慣れることができます。このように、動画撮影は練習において非常に役立つ手法です。ぜひ試してみてください。

保育士のピアノの腕前はどのように影響するのか

保育士のピアノの腕前はどのように影響するのかについて3つ紹介します。

・保育はピアノの演奏を要求される場面が多い

・ピアノの得意な分野と苦手な分野を分けて補う

・ピアノが弾ける保育士は選択肢が増える

下記では、それぞれの影響について解説します。

保育士はピアノの演奏を要求される場面が多い

保育施設においては、子供たちに音楽の楽しさやリズム感を教えるためには、ピアノが演奏できる保育士が必要不可欠です。ピアノを演奏できることは、保育士としての仕事をより充実させるための条件のひとつでもあります。

音楽は子供たちの成長において極めて重要な要素であり、保育士がピアノを演奏しながら子供たちと一緒に歌う活動が積極的に行われています。そのため、保育施設においてはピアノが演奏できる保育士が積極的に求められているのです。

ピアノの得意な分野と苦手な分野を分けて補う

担当保育士がピアノを弾けない場合は、他の保育士が代わりに弾くこともあります。また、ピアノ以外の仕事も分担することがあります。ピアノが苦手であれば他の保育士にお願いして、他の保育士が困っている分野は積極的にサポートしましょう。

ピアノが弾ける保育士は選択肢が増える

最近では、音楽教育やリトミックに力を入れる保育施設が増えており、そのため就職試験でもピアノの実技試験を課している施設が増えています。ピアノを弾けることは、職場や保育の選択肢を広げることができるため、ピアノを弾けると将来に大きく影響します。

また、ピアノを弾くことで、子供たちの音楽教育に貢献するだけでなく、保育士としてのスキルも高めることができます。ピアノに挑戦することで、自身の可能性を広げることができるので、頑張って練習しましょう。

保育士のピアノ演奏が必要ない保育施設

https://lh5.googleusercontent.com/sYeITBoxy5EdUZrjNsznlUDy4Hj0G4wt0HTg2xSfQa2gtDJJKPNFuy14PeckuD6uSu0qNBJYyv9iQ1fbKSCW5WNUULOH7V5ryprWS92hCbzvcUy6KNFnKtPohuWi_LeB55aiS4_m49_p1qbWX0X6yXE

保育士のピアノ演奏が必要ない保育施設を4つ紹介します。

・託児所

・小規模保育園

・企業内保育園

・夜間保育園

下記では、それぞれの施設について解説します。

保育士のピアノ演奏が必要ない保育施設1:託児所

託児所は、非認可の保育施設であり、規模や場所によってさまざまな形態が存在し、ピアノの技術を必要としない託児所も存在します。託児所は、一般的に商業施設内にある保育ルームや一時保育スペースにあります。これらの場所では、長期的な保育ではなく、一時的な保育が主な目的となるため、ピアノの技術は必要ありません。

保育士のピアノ演奏が必要ない保育施設2:小規模保育園

小規模保育園では、3歳未満のお子様を少人数でお預かりし、家庭的な雰囲気を大切にしています。少人数なため、ピアノの使用は少なく、代わりに手遊び歌などを中心に保育を行っています。

また、お子様一人一人の成長に合わせたカリキュラムを組んでいることが多く、遊びを通じて基本的な生活習慣や社会性を身につけることができるようになっています。

保育士のピアノ演奏が必要ない保育施設3:企業内保育園

従業員の子供たちを預かる施設である企業内保育園では、ピアノのスキルは必要ありません。企業内保育園は、従業員が仕事と子育てを両立させるための支援策の一部として、多くの企業で採用されています。従業員は安心して仕事に集中できるだけでなく、子供たちも安心して過ごすことができます。

保育士のピアノ演奏が必要ない保育施設4:夜間保育園

夜間保育園は、保護者が夜間に子供を預けるサービスであり、子供の寝かしつけなどのケア業務を主に行います。ピアノ演奏は行われませんが、食事や入浴のサポート、おむつの交換やトイレの手伝い、就寝の準備、オフィスワーク、園児の登園やお迎えへの対応など、さまざまな業務が行われます。

夜間保育園は、保護者が夜間に仕事や用事がある場合に便利なサービスとなっており、子供たちが楽しく過ごせる場所として利用されています。そのため、保護者は安心して子供を預けることができ、子供たちは夜間でも安心して過ごすことができます。

保育士になりたいけどピアノが弾けない人も諦めず上達を目指そう

保育士になるためにはピアノのスキルは必須ではありませんが、ピアノを演奏できるようになれば、就職場所の選択肢が広がり、活躍の機会も増えます。さらに、ピアノができれば、保育園や幼稚園で音楽の授業や担任を受け持つことができ、子供たちと一緒に歌ったり演奏したりする機会も増えます。

未経験者でもピアノ教室や独学で練習すれば上達することができますので、継続的な努力と練習をしていきましょう。

まとめ

本記事では、ピアノが苦手な人に向けた練習方法や、保育士はピアノを弾けないとなれないのかをあわせて紹介しました。保育士にとってピアノが弾けることはかなり重要であることが理解できたかと思います。保育士でピアノが弾けなくて悩んでいる人や、もっと上達したいと思っている人は、本記事で紹介した練習方法を実践してみてください。