転職ノウハウ

保育士が目標設定することの大切さやおさえるべきポイントをキャリア別で紹介

保育士が目標設定することは子供の成長、保育園の成長、そして自分の成長に繋がります。本記事では、具体的な目標設定の仕方をキャリア別で解説します。保育士のお仕事に限らず、目標を設定することは、その後の結果に大きな影響を与えます。目標を設定して、キャリアアップを図りたい保育士の方は、ぜひ参考にしてみてください。

1年目の保育士が目標にすること

1年目の保育士が目標にすることを2つ紹介します。

・笑顔で明るく接するの

・ビジネスマナーの学習する

下記では、それぞれについて解説します。

笑顔で明るく接する

保育士にとって、子供たちに笑顔で明るく接することは非常に大切です。子供たちとのコミュニケーションでは、叱ったり、悲しんでいる姿をわざと見せたりと笑顔だけではいけません。

しかし、最終的には、子供たちにとって居心地の良い環境にするためにも笑顔をよく見せることがが大事になります。子供たちとのコミュニケーションを大切にし、彼らの成長をサポートする役割を果たしましょう。

ビジネスマナーの学習する

保育士の仕事は、ビジネスマナーが非常に重要です。挨拶や言葉遣いが、信頼関係や人間関係に大きな影響を及ぼすことがあります。特に新人保育士は、社会人経験が浅いため、自分自身の外見や報告・連絡・相談などのマナーを学ぶことが重要です。

清潔な服装や整った髪型、手入れの行き届いた爪など、自分自身の身だしなみに気を配ることが求められます。また、保育園では子供たちの安全を守るために、手洗いやうがいなどの衛生管理も重要です。

参照:ビジネスパーソン1000人調査【ビジネスマナー編】調査結果

保育士の目標設定はどのような効果が期待できるのか

保育士が目標設定をする意義を理解しておくことは非常に重要です。保育士が目標設定することによってどのような効果が期待できるのかを3つ紹介します。

・意欲的に仕事に取り組める

・他の保育士と協力して園目標を達成する

・後輩の成長のサポートになる

下記では、それぞれの効果について解説します。

意欲的に仕事に取り組める

目標を設定することは、仕事のモチベーションを上げるために非常に重要な手段です。目標がないと、仕事の目的が見失われ、やりがいや達成感を得ることが難しくなります。具体的な目標を設定することで、やるべきことが明白になり、努力する意欲が湧き起こります。

また、目標を達成するためには、タスクを細分化して具体的なステップに分けることが効果的です。これにより、大きな目標を小さな目標に分けて取り組むことが可能となります。

他の保育士と協力して園目標を達成する

保育園では、保育士の個人的な目標と全体的な目標が密接に関連しています。全ての保育士が自身の目標に向かって取り組むことで、全体の目標達成が可能となります。例えば、保育士の個人的な目標が子供たちの成長を促すことであれば、全体の目標である子供たちの総合的な発達が達成されることに繋がります。

後輩の成長のサポートになる

目標を設定することは、自分自身の成長だけでなく、後輩保育士の成長のサポートにもなります。目標をお互いに共有すれば、仲間意識も生まれてさらに結果が出やすくなります。また、自分自身が過去に経験した苦労が後輩の成長に役立つこともあります。もし、悩んでるのを見かけたら積極的に相談に乗りましょう。

保育士が結果につながる目標を設定するために抑えておきたいポイント

https://lh3.googleusercontent.com/COL5ujEqtywfUrwiHudiJWEdw-0RuugHNiZBuj-KAFcKHRjvEHehXlu0bGA-nuK9vevttQOObMKziTLSCyEyaccVpkOZwYCRR87WRkMB9-dZ9XAcVQi9yJysebqdmOURwpah3vd7rPoHbfrRbafsTp0

保育士が結果につながる目標を設定するために抑えておきたいポイントを4つ紹介します。

・目標に具体性を持たせる

・周りの評価も考慮に入れる

・目標を達成できるように努力する

・過去の経験から目標を設定する

下記では、それぞれのポイントについて解説します。

目標に具体性を持たせる

目標を設定する際には、具体的な目標を設定しましょう。例えば、後輩のコミュニケーション能力を向上させることや、子供たちとの関わり方を改善することなどが挙げられます。具体的な目標を設定することで、目標達成への道筋が明確になり、モチベーションも高まります。

周りの評価も考慮に入れる

目標設定時には、自己評価だけではなく、第三者の評価も考慮することが重要です。自己評価だけでは、自分の能力や成果を過小評価したり、過大評価したりする可能性があるため、慎重になる必要があります。第三者の視点を取り入れることで、自分の長所や短所を客観的に見つけやすくなるので、新たな課題の発見にもなります。

目標を達成できるように努力する

目標が高すぎると、途中で挫折してしまう可能性があります。したがって、自分の能力や経験に少し難易度を加えた目標設定が重要になります。少し難しい目標を達成すれば、日々の業務にも前向きに取り組むことができるだけでなく、目標達成による満足感や自信も得られます。さらに、少しずつ目標を高めることで、自分の能力や経験を伸ばすことができます。

過去の経験から目標を設定する

適切な目標を設定するためには、自身の現在のスキルや状況を詳細に把握することが重要です。自分の能力や不得意な分野を明確にするために、保育士としての課題を具体的にリストアップすると良いです。

例えば、子供たちとの円滑なコミュニケーション能力や保育プログラムの作成、教育方法の改善など、自分の強みや弱点を可視化しましょう。また、保育士としてのスキルや知識を向上させるためには、研修や勉強会への積極的な参加も非常に重要になってきます。

保育士が目標を決めた後に行う反省の仕方

目標設定後の振り返りには、自己評価だけでなく上司や後輩からのフィードバックも受けるべきです。その際には、目標達成に向けた取り組みや進捗状況を客観的に評価してもらうことが重要です。

そうすることで、自分の成果や課題を把握し、達成感や成長の実感を得ることができます。振り返りの結果を元に改善策を考え、次の目標に向けて具体的な行動計画を立てましょう。

保育士の目標設定をキャリア別で紹介

キャリア別で変わる保育士の目標設定について紹介します。

・保育士として新人の目標を決める

・保育士として2年目の目標を決める

・保育士として経験を積んだ3~6年目の目標を決める

・保育士として7年以上働いているベテランの目指す目標を決める

下記では、それぞれの目標設定について解説します。

保育士として新人の目標を決める

新人は、とりあえずやって挑戦することを意識して目標を設定した方が良いです。例えば、自分が興味を持っている新しい保育方法や子供たちとのコミュニケーションの改善などに取り組むなどです。また、保育士として自立し、社会人としての自覚を持った行動ができるようにすることも重要です。

また、ビジネスマナーも身につける必要がありますので、正しい挨拶や電話応対などを学ぶことも目標に加えましょう。これらの要素を含めて目標を設定することで、新人の1年目を有意義に過ごすことができます。

保育士として2年目の目標を決める

2年目になると、仕事に慣れてきて子供の興味や関心を理解できるようになります。さらに、子供の発達に関する知識をより深め、保育士としてのスキルを向上させましょう。また、1年目の経験を生かし、子供の発達を考慮した保育や年間行事を進めること、そして学んだ業務を積極的に推進することも重要です。

さらに、保護者との関係構築にも重点を置いた目標を設定すると尚良いです。

保育士として経験を積んだ3~6年目の目標を決める

3〜6年目には、主に後輩保育士との関わり方に重点を置いた目標を設定をしましょう。具体的には、後輩保育士の指導やサポートを通じて、彼らの成長を促すことを意識してください。また、各職務分野のリーダーを目指すキャリアアップ研修を受講することで、自身のスキルや知識を向上させられます。

子供の発達に関して深い理解を得るために学び続けることで、保育のスキルも向上していくことでしょう。子供の発達段階に合った適切な教育プログラムを作成するなど、できることの幅が広がるのでより目標設定を明確にすることが求められます。

保育士として7年以上働いているベテランの目指す目標

保育士として長い間経験を積むことで、経験豊富な立場になることができます。役職に就かなくても、子供たちや保育士たちの能力を最大限に活かす環境を整備することが保育園や後輩保育士の成長にとても重要になってきます。

例えば、新しい保育プログラムを導入したり、保育士たちの研修を行ったりすることで、彼らの成長を促すことができます。また、保護者とのコミュニケーションも非常に重要です。長い間働いていると、保育園の顔になってくるので、保護者との信頼関係がこれまで以上に必要です。

目標を決めたら、自分自身を評価してみる

https://lh5.googleusercontent.com/xy0xS1zTCeUl6aJLChG02cLqhtRSfIWZ-4_ajg0RRC_544yQC6240cCA8E8HdPi-P1KaYZjjcRCxXJ30bBGFpBTATlaoy0JD8KGLMtS-6om0OQxMMd3OCabLN8-mcUq_Kc1TxLEnjK_IXP862uP2jvg

目標を決めた後に保育士が行う評価やポイントなどについて紹介します。

・自己評価の意図

・自己評価の仕方

・周りの人からの客観的な評価

・自己評価で陥りやすいミス

・自己評価シートを作成する際に考慮すべきポイント

下記では、それぞれについて解説します。

自己評価の意図

自己評価は、自己成長や自己改善の指針として重要な要素であり、自己評価を行うことで自分の強みや弱点を把握し、自己成長のための目標を設定することができます。また、自己評価は自分自身の進歩を見つめたり、自分と向き合う手段としても役立ってきます。

また、自己評価を行うことで、自身のモチベーションアップにも繋がります。日々改善することが喜びとなり、優秀な保育士へと自身をステップアップさせます。

自己評価の仕方

自己評価は、目標を達成できたかどうかだけでなく、それまでのプロセスも評価する必要があります。もちろん、目標を達成したかどうかが一番大事ですが、それと同じくらい、子供たちや周りの保育士に頑張る姿勢を見せれたかも重要になってきます。子供は、先生の姿を見て、成長しますし、周りの保育士のモチベーションにも繋がります。

周りの人からの客観的な評価

同僚や上司からのフィードバックは、自己評価とは別の視点を提供してくれます。フィードバックを受けることで、自分の目標達成度を客観的に確認できます。また、同僚や上司からのフィードバックは、実際の経験からのアドバイスもしてもらえるため、問題解決の手助けにもなります。

自己評価で陥りやすいミス

自己評価には個人の主観が反映されるため、留意が必要です。自己評価に限らず、上司や先輩、後輩からの客観的な評価やアドバイスも極めて重要です。他者の視点からの評価やアドバイスを受けることで、自身の強みや改善点を見つけることができます。

また、具体的なアドバイスを受けることで、新たな発見や参考になることもあります。自己では気づかなかった成長の可能性や課題を見つけることができるので、他者の意見を積極的に取り入れることが大切です。

自己評価シートを作成する際に考慮すべきポイント

自己評価シートを執筆する際の重要なポイントは、保育園全体の目標に貢献できたかを評価することです。具体的には、保育士が保育園の教育方針に基づいて子供たちの成長をサポートしたり、保護者との円滑なコミュニケーションを図ったりすることが挙げられます。

さらに、個人の目標だけでなく、保育士が保育園全体のためにどのように取り組み、保育活動を行ったかを示すことも重要です。保育士がチームメンバーと協力してイベントを成功させたり、保育園の運営に積極的に参加したりすることが例として挙げられます。

自己評価シートでは、具体的な事例や成果を挙げることで、自身の貢献度を客観的に示すことができます。

保育士の目標設定のまとめ

本記事では、保育士が目標設定することの大切さや、おさえるべきポイントをキャリア別で解説しました。仕事のモチベーションを保ち、スキルを向上させるためには、目標設定が非常に重要です。具体的な目標を設定してそれを実行し、評価してさらに新たな目標を立てることは、長期的な成長の鍵となります。

毎日の目標を達成することで達成感を得られますし、自分の成長を実感することもできます。また、目標設定するだけでなく、実際に実行し、自己評価をするまでの流れが重要になります。ぜひ保育士で結果が出ず悩んでいる人や、これから保育士になる人は実践してみてください。