転職ノウハウ

保育士資格はどこで取るべき?大学・短大・専門学校それぞれのメリットデメリット【解説】

保育士資格は、大学、短大、専門学校などで取得できます。ただし、取得する資格は同じでも、進学先によって学ぶ期間や授業の開講形式などは様々です。きちんと卒業して資格を取得するために、それぞれの違いを把握して自分に合う進路を選ぶことが大切です。

本記事では、保育士資格を取得できる大学・短大・専門学校等について、それぞれの特徴やメリットデメリットを解説します。

保育士になるには保育士資格が必須

保育士は専門的な知識や技術が求められる職業です。児童福祉法では以下のように定められています。

「保育士とは、第18条の18第1項の登録を受け、保育士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもつて、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行うことを業とする者をいう。(児童福祉法第18条の4)」
次の各号のいずれかに該当する者は、保育士となる資格を有する。
第1号 都道府県知事の指定する保育士を養成する学校その他の施設(以下「指定保育士養成施設」という。)を卒業した者(学校教育法に基づく専門職大学の前期課程を修了した者を含む。)第2号保育士試験に合格した者

保育士として働くためには、上記に定められている専門知識と技術を持っていることの証として保育士資格(国家資格)が必要になります。

幼稚園教諭免許の違い

保育士資格と併せてよく耳にするのが幼稚園教諭免許ですが、これらは別物です。それぞれ働ける場所や仕事の目的が異なります。

保育士資格:保育園や児童養護施設で子どもを保育するために必要な資格。管轄は厚生労働省。
幼稚園教諭免許:公立または私立の幼稚園で子どもの教育・指導を行うために必要な資格。管轄は文部科学省。

保育士資格を取る2つの方法

保育士資格を取るには以下の2つの方法があります。

  1. 指定保育士養成施設を卒業する
  2. 保育士試験に合格する

指定保育士養成施設を卒業する

指定保育士養成施設とは都道府県知事が指定した保育士を養成する学校で、大学(4年制)、短大(2年制)、専門学校(2〜3年制)などがあります。必要な科目の履修や現場(児童福祉施設と保育園)での学習を経て卒業することで保育士資格を取得できます。指定保育士養成施を卒業して保育士資格を取得した場合、保育士試験を受ける必要はありません

指定保育士養成施設のポイントまとめ・卒業することで保育士資格を取得できる・保育士試験を受ける必要がない

保育士試験に合格する

保育士試験には受験資格が定められており、誰でも試験を受けられる訳ではありません。以下のように、受験資格は本人の最終学歴により異なります。より詳しい受験資格は一般社団法人 全国保育士養成協議会のホームページをご確認ください。

一般社団法人 全国保育士養成協議会:https://www.hoyokyo.or.jp/exam/qualify/index.html

受験資格

最終学歴受験資格
大学、短大卒業学校教育(※)に基づいた学校を卒業していること
専門学校卒業修業年限2年以上の学校教育(※)に基づいた学校を卒業していること
高校卒業以下のいずれかを満たすこと・平成3年3月31日以前に高校を卒業している・平成8年3月31日以前に高校の保育科を卒業している・児童福祉法第7条に基づく児童福祉施設で2年以上かつ2,880時間以上の実務経験がある
中学卒業児童福祉法第7条に基づく児童福祉施設で5年以上かつ7,200時間以上の実務経験がある
大学、短大、専門学校中退or在学中・大学は、2年以上の在籍と62単位以上を修得済みであること・短大、専門学校は在学中かつ年度内に卒業すること

※教育基本法に基づいて、学校制度の基本を定めた法律

保育士試験は前期・後期と毎年2回実施され、それぞれ筆記試験と実技試験(筆記合格者のみ)があります。 前期と後期で試験の難易度に大差はありませんが、筆記試験の合格率は平均20%前後とあまり高くなく、決して容易な試験ではありません。保育士試験で合格した科目は3年間有効なので、一発合格ではなく3年以内に全科目合格を目指すという方法もあります。

保育士試験の概要は以下の通りです。

試験概要

前期後期
筆記試験4月頃(2日間かけて実施)全9科目10月頃(2日間かけて実施)全9科目
実技試験7月頃12月頃
受験申込時期1〜2月頃7月頃
合格発表8月頃1月頃
受講料クレジットカード決済 13,050円コンビニエンスストア決済 12,975円
保育士試験のポイントまとめ・指定保育士養成施設を卒業する必要がない・受験資格を満たしていないと試験は受けられない・筆記試験は特に合格率が低く難易度が高いため勉強が必要

詳しくは一般社団法人 全国保育士養成協議会の情報を必ずご確認ください。

一般社団法人 全国保育士養成協議会:https://www.hoyokyo.or.jp/exam/guidance/index.html

保育士資格を取るならどちらがおすすめ?

保育士資格を取るにあたり、指定保育士養成施設へ進むか保育士試験を受けるか悩む方もいるかもしれません。

指定保育士養成施設では、授業や校外学習を通して保育士になるために必要なことをゼロから全て学ぶことができるため、未経験であっても安心して保育士を目指すことができます。一方で、卒業までに時間がかかってしまったり、学費が必要となったり、人によってはデメリットに感じる部分も多いでしょう。

保育士試験を受ける場合は指定保育士養成施設の卒業は不要ですが、受講資格を満たさなければ行けなかったり、受験勉強が必要であったりとハードルがあります。

参考までに、それぞれおすすめできる方は以下の通りです。

メリットデメリットおすすめできる人
指定保育士養成施設
・保育士になるために必要なことをゼロから学ぶことができる
・実技や実習を通して現場で必要な技術を習得できる
・就活においてもサポートが受けられる
・卒業まで資格は取得できない
・時間と学費が必要
・保育士に必要なことをゼロから学びたい人・保育士試験の受験資格を満たしていいない人・試験に合格することが難しいと感じている人・就活で学校のサポートを受けたい人
保育士試験・指定保育士養成施設の卒業が不要
・学校には通わず働きながら資格取得を目指せる
・保育士試験の受験資格を満たしている必要がある
・しっかりとした受験勉強が必要
・働きながら資格を取得したい人・指定保育士養成施設に通うことが難しい人・保育士試験の受験資格を満たしている人

4年制大学、短期大学、専門学校それぞれの違い

指定保育士養成施設で保育士資格を取得する場合、4年制大学、短期大学、専門学校などを卒業する必要があります。卒業できないと資格は取得できないため、自分にあった場所を選ぶことがとても重要です。ご自身の環境やスタイルに合わせて選択しましょう。

4年制大学

4年制大学は修業期間が長く、余裕を持ったカリキュラムで学ぶことができます。4年制大学卒業は就活においても有利になりやすく、万が一保育士以外の道を志た際にも融通が効きやすいメリットがあります。履修科目によっては保育士以外の資格を取得することも可能です(学校図書館司書教諭、特別支援学校教諭など)。

デメリットとしては、学費が高額という点です。一般的に2〜3年制の短大や専門学校が200〜300万円であるのに比べ、4年制大学は4年分の学費が必要となり、約400万円ほどと言われています。また、卒業までに4年かかるため、早く就職したい人にとっては4年制大学は不向きといえます。

大学がおすすめな人・時間に余裕を持って学びたい人・保育士意外の資格取得や学習に力を入れたい人・キャンパスライフの充実やアルバイトなどの時間も確保したい人・まだ進路に迷っている人
おすすめできない人・できれば早く就職したい・保育士意外の道は考えていない・学費をなるべく抑えたい

短期大学

大学に比べると短い期間での学習が必要となりますが、その分学費は安く、2〜3年で卒業できるため早く就職することが可能です。また、保育士に必要なことはもちろん、そのほかのことも学ぶことができます。有名な学校や地域に根付いた学校であれば就活でも有利になりやすいです。大学ほどではなくとも、万が一保育士以外の進路に進みたいとなった場合の選択肢もあります。

一方で、保育士に必要な知識やスキルだけでなく、一般教養なども短い期間で履修する必要があり、時間的な余裕は大学に比べると少なくなりやすいです。保育士意外の道に進むことも可能ですが、4年制大学卒業を条件に新卒採用する企業も少なくないため、4年制大学に比べると保育士意外の就職は少し不利になるともいえます。

短大がおすすめな人・必要なことを短期間で学びたい人・学費を抑えたい人・保育士になることを決めている人
おすすめできない人・じっくり時間をかけて学びたい人・希望進路が変わる可能性もある人・保育士に必要なことにに集中して学びたい人

専門学校

保育士に必要な専門的知識や技術を学ぶことに特化しているため、保育士意外を考えていない場合には最短ルートと言えるでしょう。大学や短大は一般教養などの幅広い知識を身につける必要がありますが、専門学校は保育士に必要なスキルを身につける実技や実習が多く、保育士という道に集中することができます。修業期間も2年と短く、早く就職できることもメリットです。保育士に必要な専門知識と技術を最短で習得し、多くの実習を通して現場で即戦力として活躍することができるでしょう。

逆に、保育士意外の進路へ進む場合、多くの企業が4年制大学や短大卒業を条件に新卒を採用しているため、保育士に必要なことに集中して学んできた専門学生は大学や短大に比べると選択肢が狭まる可能性が高いです。

専門学校がおすすめな人・保育士意外の進路は考えていない人・現場で即戦力として働きたい人・保育士になるために必要なことを集中して学びたい人
おすすめできない人・保育士意外の進路も検討している人・一般教養など幅広く学びたい人・時間に余裕を持ってキャンパスライフも充実させたい人

保育士として働くには保育士登録が必要

保育士資格の取得は保育士になるための最低条件です。資格を取得しただけでは実際には働けません。保育士として就業するためには、保育士登録を行い保育士証を取得する必要があります。

保育士登録・保育士証とは?保育士登録簿とは各都道府県に自身が保育士資格所有者であることを登録するものです。手続きを終えて無事登録が完了すると、保育士資格所有者であることを証明できる『保育士証』を取得できます。
※保育士資格を取得したら必ず保育士登録しなけれればならない訳ではありませんが、保育士資格を活用して就業する場合には保育士登録(保育士証の取得)が必要となります。

保育士として働くにあたり、就職先でこの『保育士証』を提出するよう求められます。保育士登録の申請をしてから登録手続きが完了するまでには約2ヶ月ほどかかると言われています。就職までに必要な書類なので、資格を取得したらすぐに申請を行い余裕を持って保育士証を得られるようにしましょう。保育士登録については以下で詳細をご確認ください。

保育士登録申請手続き(新規登録) https://www.nippo.or.jp/hoikushi/regi/regi.html

保育士資格があれば全国どこでも働ける

保育士の就職先は多岐に渡り、例としては以下のような施設があります。

保育所
認定こども園
院内保育所
企業内保育所
幼児教室
託児所
乳児院
児童福祉施設
放課後児童クラブ
ベビーシッター

保育士資格を取得すれば全国さまざまなエリアで働くことができるため、結婚などで住む場所が変わっても就職先に困ることはないでしょう。また、出産などで一時的に職を離れても、資格を取得していれば再就職しやすい点もメリットです。

まとめ

保育士資格は一度取得すれば生涯活用することができ、全国どこでも働けるスキルになります。一度職を離れても復帰しやすく、資格を持っているメリットは大きいです。保育の仕事に少しでも興味があるのであれば、資格取得を検討する価値は充分あると言えるでしょう。

指定保育士養成施設を卒業することで専門スキルを身につけ資格も取得できるので、保育士試験は難易度が高いと感じられる方も安心です。指定保育士養成施設にはさまざまな種類があるので、それぞれの特徴を理解して自分にあった進路を選択しましょう。カリキュラムだけでなく授業の進め方や雰囲気を知るためにも、気になる学校があればオープンキャンパスなどの体験がないか調べてみるのもおすすめです!