転職ノウハウ

保育士がエプロンをしているのはなぜか。保育士に適したエプロンとあわせて紹介

保育士がエプロンをしているのはなぜか知っていますか。保育士の象徴ともいえるエプロンは保育士にとってとても重要です。そこで本記事では、保育士がエプロンをしている理由と保育士に適したエプロンを合わせて紹介します。保育士になりたい人はぜひ参考にしてください。

なぜ保育士はエプロンを着用するのか:着用している理由

保育士がエプロンを着用している理由を3つ紹介します。

・汚れを防ぐことや清潔を保てるため

・一目で先生だと理解できるため

・必需品を常に持ち歩けるため

下記では、それぞれの理由について解説します。

汚れを防ぐことや清潔を保てるため

保育士のエプロンは、汚れを防ぎ清潔を保つ役割があります。乳児クラスでは、ミルクの吐き戻しやオムツ交換時の汚れが頻繁に発生します。幼児クラスでは、泥汚れや絵の具での汚れがよくつきます。エプロンを着用することで、交換が頻繁にでき、清潔さを保つことができます。

また、エプロンは保育士の仕事の効率を高める役割も果たします。着替えに時間をかけずにいつでも清潔な状態を維持できるエプロンは、保育士にとって不可欠なアイテムだといえます。

一目で先生だと理解できるため

子供たちが先生であることを認識しやすくするためには、エプロンを着用することが非常に効果的です。外遊びで少し離れてもエプロンを見つければ先生だと理解できます。また、子供たちがエプロンのデザインに親しみを感じることで、コミュニケーションのきっかけになります。

親しみやすいデザインのエプロンは、子供たちの学びをサポートする重要なアイテムであり、心の安定感をもたらす存在と言えます。

必需品を常に持ち歩けるため

保育士は、保育中に必要なアイテムを収納するためにエプロンを使用します。例えば、保護者からの連絡を記録するためのメモ帳やボールペン、体温計、ティッシュペーパー、ハンカチなど、さまざまなものをエプロンに入れることができます。

また、子供を傷つける可能性があるため、腕時計はポケットに入れておくことが一般的です。。保育士は子供から目を離せない状況で働くため、必要なものを身につけておくことは非常に重要です。

なぜ保育士はエプロンを着用するのか:購入場所

エプロンの購入場所について紹介します。

・実際に店舗で購入する

・オンラインのネットショッピングで買い物する

・ハンドメイドしてみよう

下記では、それぞれについて解説します。

参照:保育士がエプロンをどこで買っているかを調査

実際に店舗で購入する

店舗で商品を購入するメリットは、実際に商品を手に取り、素材やサイズを確認しながら気に入ったものを選べることです。シンプルな機能性を重視したエプロンは、ユニクロや無印良品で売られており、コストパフォーマンスも優秀です。しかし、デメリットとして、子供が好きなキャラクターのエプロンはあまりない傾向にあります。

オンラインのネットショッピングで買い物する

オンラインストアは、楽天市場やヤフーショッピング、Amazon、メルカリなど、多くの選択肢がありますので、デザインやサイズに関しても豊富な品揃えがあります。そのため、エプロンの購入もネット上で可能です。

しかし、ネット上で商品を購入する際には、手に取って触れてみることができないため、商品の質感や着心地がわかりづらい点がデメリットです。そのため、購入前に他の人のレビューや評価を参考にすることが非常に重要です。

また、返品や交換の手続きも煩雑になることがあります。ただし、ネット上の販売店は利便性が高く、幅広い商品を取り扱っていますので、自分に最適なエプロンを見つけて見てください。

ハンドメイドしてみよう

手作りのエプロンを作りたい人は、市販の型紙を使用することをおすすめします。手芸サイトでは、無料で型紙をダウンロードできるページがあります。さらに、型紙のダウンロードだけでなく、手芸サイトではエプロンの作り方や必要な材料、縫い方などの詳しい手順も紹介されており、初心者でも簡単にエプロンを作ることができます。

また、手作りのエプロンは好みに合わせてデザインすることができるのも魅力的な点です。

なぜ保育士はエプロンを着用するのか:最適なエプロンとは

保育士にとって最適なエプロンとはどのような特徴かを8つ紹介します。

・親しみやすい色調やデザインである

・見えやすい

・安全性を考慮する

・園のルールや雰囲気に適合している

・運動の支障にならない

・丈夫な素材

・ポケットの場所

・ポケットの数

下記では、それぞれの特徴について解説します。

子供たちにとって親しみやすい色調やデザインである

子供たちにとって親しみやすい色調やデザインであるかは非常に重要です。明るい色調や目立つデザインのエプロンは、子供たちに親しみやすく、保育園の雰囲気を明るくする効果があります。特に、動物や乗り物、季節感のある草花の柄は子供たちにとって大人気です。子供たちにとって親しみやすい色調やデザインは、子供たちとのコミュニケーションの一環として重要な役割を果たします。

見えやすい

保育士におすすめのエプロンとして、見えやすいことも重要です。子供たちがすぐに先生だと認識して、安心してくれます。また、周囲の人々も保育士の存在を容易に認識できます。遠くからでも見やすいデザインや色を選択しましょう。

複数の保育士が同じ施設で働いている場合、見えやすいエプロンはチームワークと協力を促進する役割を果たします。エプロンが目立つことで、保育士同士がお互いの存在を把握しやすくなり、連携を円滑に行えます。

安全性を考慮する

ボタンやフリルの装飾はかわいらしいですが、保育士のエプロンには適していません。動作が制限されてしまうため、よく動く必要のある保育士にとってマイナスの影響を与えます。また、洗濯すると装飾が容易に取れてしまい、誤飲や誤嚥の危険性も高まります。

さらに、子供の首に絡まったり、引っ張った際に転倒する可能性も考えられます。これらの理由から、保育士のエプロンにはシンプルかつ安全なデザインが要求されます。

園のルールや雰囲気に適合している

制服やエプロンのデザインに関する規定が存在する場合があります。そのため、園の雰囲気にマッチしたデザインを選ぶ必要があります。他の保育士のエプロンは、園の雰囲気や子供たちとの関わり方に合わせて選ばれているため、ぜひ参考にしてみましょう。

運動の支障にならない

毎日子供たちと一緒に遊んだりする保育士にとって、エプロンを選ぶ際の基準として動きやすいことが重要です。着用しずらいエプロンを選んでしまうと、体を痛めたり、疲れの原因になったりします。快適で動きやすいエプロンを選ぶことは、仕事の生産性にも大きな影響を与えます。

丈夫な素材

エプロンを長く使うためには、耐久性のある素材を選ぶことが重要です。例えば、ポリエステルや吸水性の高い綿と混ぜ合わせた素材が特におすすめです。これらの素材は、長時間使用したり洗濯しても大丈夫なため、長く使うことができます。

逆に、耐久性の低い素材を選んでしまうと、すぐに壊れてしまい、新しいエプロンを買う必要が出てきます。ですので、エプロンを長く使いたい場合は、耐久性のある素材を選びましょう。

ポケットの場所

エプロンのポケットは通常、両腰かお尻あたりに配置されています。しかし、子供を抱っこしている場合、ポケットの位置や角度によっては子供の足が引っかかり、ケガに繋がる可能性があります。そのため、子供の足が入りにくいデザインのエプロンを選びましょう。

ポケットの数

大容量のポケットがあると、様々なアイテムをまとめて収納することができるので、同時に、たくさんの子供の面倒をみないといけない保育士にとって非常に大事になってきます。

例えば、筆記用具、ハンカチ、救急セットなどの日常生活で必要なものをポケットに入れることができます。また、複数のポケットがあれば、物を散らかすことなく整理できるのでおすすめです。

なぜ保育士はエプロンを着用するのか:男性保育士のエプロンの決め手は

男性保育士においても女性保育士同様、動きやすくて子供の安全性に問題のないエプロを選びましょう。女性保育士がよく着用しているキャラクターが描かれたエプロンはほとんどが女の子の好きなデザインなので、男性保育士は、男の子の好きなキャラクターをワッペンや刺繍すると他の保育士との差別化になり良いでしょう。

なぜ保育士はエプロンを着用するのか:エプロンのバリエーション

保育士が着用できるエプロンのバリエーションを3つ紹介します。

・フルエプロン

・チュニックエプロン

・スモックエプロン

下記では、それぞれのバリエーションについて解説します。

エプロンの種類①フルエプロン

保育士にとって、フルエプロンは非常に便利なアイテムです。フルエプロンを着用することで、衣服の汚れを気にせずにアクティブに活動できます。また、フルエプロンは吸水性と速乾性に優れたリネン素材で作られています。

そのため、汗や水などの液体を効果的に吸収し、迅速に乾かすことができます。さらに、フルエプロンは自宅で簡単に洗えるので、毎日気軽に使うことができます。これにより、清潔な状態を保ちながら保育活動に集中できます。

エプロンの種類②チュニックエプロン

チュニックエプロンは、ワンピースタイプのエプロンで、袖がないため、簡単にかぶるだけで着脱できます。忙しい保育士にとって時間を節約することが出来る点はかなり魅力的です。

さらに、腰や胴回りのデザインがゆったりとしているため、どんな体型や年齢の方でも着用できます。さらに、このエプロンは丈夫で長持ちするため、一度購入すれば頻繁に買い換える必要がありません。

エプロンの種類③スモックエプロン

スモックエプロンは、通常、調理時に身を守るために使用されるアイテムなため、日常的に汚れやすい保育士にもおすすめです。また、スモックエプロンは、背中が開いているため、着脱が簡単で調節もしやすいです。

なぜ保育士はエプロンを着用するのか:欧米の保育園・幼稚園では着用するのか

欧米の保育士は、自分自身を表現するために個性的な私服を着用するため、エプロンはしていない場合がほとんどです。一方、日本の保育士は制服を着用することが一般的であり、服装には厳しい規定があります。この違いから、欧米では保育士の服装に規定はなく、日本と比べて自由度が高いといえます。

エプロンを着用しない保育園の主張

エプロンを着用しない保育園の主張を3つ紹介します。

・他の保育園との違いを明確にする

・エプロンで子供を傷つける可能性がある

・シンプルに身動きが取りづらい

下記では、それぞれの主張について解説します。

他の保育園との違いを明確にする

看板や広告を使って保育園の名前を地域の人々に知ってもらう必要があります。また、保育園の特色や取り組みを地域のイベントや行事に参加することでアピールすることも大事になってきます。その宣伝活動の1つにエプロンを着用しないことが挙げられます。これは、周りの保育園とかなりの差別化になります。

エプロンで子供を傷つける可能性がある

子供と一緒に走ったり遊んだりする場合、引っかかる可能性があるため、エプロンは適していません。また、エプロンにはボタンやヒモ、装飾品などが付いているものもあり、これらによる誤飲やケガのリスクがあります。過去にこのような事故が起こった保育園では、エプロン着用が見直されるでしょう。

シンプルに身動きが取りづらい

エプロンを着ることで身動きが取りづらく、作業効率の低下に繋がります。エプロンを着ないことで衣服が汚れたり、水濡れしたりするリスクもありますが、忙しい保育士にとって、作業効率の低下は避けなければなりません。そのため、エプロンを着るかどうかは、作業内容や個人の好みで判断する保育園もあります。

まとめ

本記事では、保育士がエプロンをしている理由と保育士に適したエプロンを合わせて解説しました。なぜ保育士がエプロンをしているのかを理解できたかと思います。保育園の印象を下げないためにも、どのようなエプロンを選択するのが良いかを知っておくことは重要です。

保育士でどのエプロンが良いか悩んでいる人は、ぜひ、本記事で紹介したエプロンを参考に買ってみてください。