転職ノウハウ

保育士になるために高校生からできることを紹介

保育士​​になるために、高校生からできることは、なにがあるかご存知ですか。保育士になりたい人はそれを知って実際に行うことが重要です。そこで本記事では、保育士になるために高校生からできることを解説します。保育士になりたい高校生はぜひ参考にしてみてください。

Contents
  1. 保育士になるために高校生からできること①:保育士の魅力を把握しておく
  2. 保育士になるために高校生からできること②:高校の保育科・保育コースで学べることを知っておく
  3. 保育士になるために高校生からできること③:高校の保育科に進学するメリットとデメリットをそれぞれ把握しておく
  4. 保育科に進学するメリットとデメリットを紹介します。
  5. 保育士になるために高校生からできること④:今のうちにしておいた方が良いことをを把握しておく
  6. 高卒で保育士になれるのか
  7. 高卒以外の人が保育士になりたい場合
  8. 誰もが保育士になる夢は叶えられる
  9. まとめ

保育士になるために高校生からできること①:保育士の魅力を把握しておく

保育士の魅力を把握しておくことを5つ紹介します。

・子供の発育を肌で感じれる

・自分の生活様式に合った働き方が可能

・保育園以外でも活躍できる

・子供を笑顔にした時

下記では、それぞれについて解説します。

子供の発育を肌で感じれる

保育士の魅力は、子供たちの成長を見守ることができることです。日々成長していく様子を肌で感じることができるのは、保育士ならではの喜びです。また、子供たちの笑顔や愛らしさからエネルギーをもらえるのも、保育士の特権です。

保育士は子供たちの未来を形作る重要な存在であり、そのやりがいは計り知れません。また、保育士は子供たちとの関わりを通じて自身も成長することができます。子供たちの純粋な感性や創造力に触れることで、保育士自身も新たな発見や学びを得ることができます。

自分の生活様式に合った働き方が可能

日本の保育業界においては、常に人手不足が続いていますが、保育士の仕事はパートタイムや非常勤で働くことができるため、家庭の事情により長時間働けない場合でも大丈夫です。また、結婚や妊娠・出産によるブランクがあっても再就職も比較的容易です。これが保育士のメリットとされています。

保育園以外でも活躍できる

保育士の職業は保育園に限らず、さまざまな場所で活躍できます。例えば、ベビーシッターとして仕事することも可能ですし、企業や病院内にある保育施設や幼稚園、学校、福祉施設にも需要があります。

さらに、学童保育や児童発達支援、放課後等デイサービス、障害児支援施設などでも保育士の資格を持っていると優遇されることが多いです。保育士資格を持っていると、さまざまな場所で活躍することができるため、将来のキャリアを広げることができるのでかなりおすすめです。

子供を笑顔にした時

保育士は、子供たちが楽しく過ごせる環境を作り上げることを求められます。保育士は、常に忙しいですが、子供たちの笑顔を見ると、自分の努力が報われたと感じます。保育士の仕事は、子供たちの成長に関わる貴重な経験であり、笑顔があふれる環境で働けることは、他の仕事ではなかなか得られない醍醐味です。

保育士になるために高校生からできること②:高校の保育科・保育コースで学べることを知っておく

高校の保育科・保育コースで学べることを2つ紹介します。

・保育科・保育コースの特徴

・保育科・保育コースのカリキュラム例

下記では、それぞれについて解説します。

保育科・保育コースの特徴

保育科や保育コースのある高校では、保育に関連する科目に限らず、国語や数学、英語などの一般教科も学ぶ機会があります。これは、保育士としての基礎知識だけでなく、多岐にわたる知識を習得するためのものです。また、学校によっては、1年次から保育に関連する科目を履修する場合もありますが、ほとんどが2年次以降に組み入れられます。

これは、学生が基本的な知識やスキルを習得した後に、より専門的な内容に取り組むための配慮です。保育に関連する科目だけでなく、一般教科も学ぶことで、学生は保育士としての専門性に加えて、広範な知識やスキルを身につけることができるのです。

保育科・保育コースのカリキュラム例

高校の保育科や保育コースのカリキュラムは、学校によって異なります。つまり、各学校が独自の教育内容や科目を設定しています。そのため、具体的な詳細を知りたい場合は、各学校の公式ウェブサイトやパンフレットなどを参照する必要があります。

どのような科目があるのか、実習や実技の時間はどれくらいなのか、卒業後の進路や就職先についての情報などが掲載されています。したがって、自分が進学を考えている学校のカリキュラムを確認することは非常に重要です。

保育士になるために高校生からできること③:高校の保育科に進学するメリットとデメリットをそれぞれ把握しておく

保育科に進学するメリットとデメリットを紹介します。

・保育科に進学することで生じるメリット

・保育科に進学することで生じるデメリット

下記では、それぞれについて解説します。

保育科に進学することで生じるメリット

保育士として働くためには、知識や技術が必要です。そのため、保育士になりたい高校生の皆さんは保育科に進学することをおすすめします。保育科では、保育に関する専門知識を早く身につけることができます。また、保育士として必要な知識や技術だけでなく、実践的な内容や、ピアノや折り紙、読み聞かせなどの実技も学ぶことも可能です。

保育科に進学することで生じるデメリット

保育科に進学することで生じるデメリットは、将来の進路変更が難しいことです。保育科に進学しても将来の方向性が変わる可能性がありますので、保育とは関係のない分野への進路変更が困難になるかもしれません。

例えば、保育科に進学したが、将来は医療の道に進みたいと思った場合、保育科で学んだ知識やスキルは医療には直接関係しないため、進路変更には追加の学習や訓練が必要になります。

また、保育科で学んだことが他の分野で活かせる場合でも、それまでに習得した単位が認められない場合もあります。そのため、保育科を選ぶ際には将来の進路変更を考慮し、他の分野への移行がスムーズに行えるような学習計画を立てることが重要です。

保育士になるために高校生からできること④:今のうちにしておいた方が良いことをを把握しておく

保育士になる前からしておいた方が良いことを5つ紹介します。

・子供と触れ合う経験をする

・軽いイラストでもが描けると強みになる

・ピアノの練習をしておく

・勉学は怠らずに積み上げる

・保育士になるためにボランティアを経験する

下記では、それぞれについて解説します。

子供と触れ合う経験をする

子供たちと触れ合う経験をしておくことは、非常に重要です。子供の習性を知ったり、自分が保育士に向いているかを実感できます。また、実際に子供たちと関わることで、保育士の仕事を経験できます。

軽いイラストでも描けると強みになる

保育士の仕事は、子供たちに喜ばれるために、多くの機会でイラストを描くことが求められます。もし絵が苦手でも、簡単な絵が描ければ問題ありません。保育園でのイラストは、子供たちが理解しやすいようにシンプルなものが好まれます。

保育士として働く際には、子供たちが喜ぶ顔を見ることができるイラストの描き方を学ぶと良いでしょう。また、子供たちの感性や興味を引きつけるために、様々なテーマやキャラクターを取り入れたイラストを描くことも重要です。

ピアノの練習をしておく

保育園で歌う際には、保育士がピアノを演奏したり、CDを使用したりすることがあります。ピアノの演奏ができると、保育士の実技試験でも役立つので、事前に練習することをおすすめします。簡単な曲を弾きながら歌えるレベルを目指して練習してください。また、保育園での歌唱は子供たちにとっても好きな時間です。

歌うことでリズム感や音楽の楽しさを学び、コミュニケーション能力も向上させることができます。保育士の役割は子供たちの成長をサポートすることなので、歌を通じて子供たちの心を豊かに育てるお手伝いをしてください

勉学は怠らずに積み上げる

保育士になるためには、進学して保育士を目指す専門学校や大学に入学する必要があります。将来、保育士になるために、高校生のうちから、保育士に役立つような知識を学んでおくことももちろん大切ですが、まずは、高校を卒業するために、保育とは関係ない分野の勉学は怠らずに積み上げる必要があります。

保育士になるためにボランティアを経験する

保育士になることに迷っている場合は、保育現場でボランティア活動をすることを強くおすすめします。ボランティア活動を通じて、子供たちと関わることができるだけでなく、保育士の仕事を観察することもできます。

保育士の仕事は、子供たちの成長をサポートすることや、安全な環境を提供することなどが求められるため、ボランティア活動を通じて、保育士の仕事の実際の様子を見ることで、自分に合っているかどうかを判断できるでしょう。

また、保育士の仕事に興味を持っている場合でも、実際に現場で働くことで、仕事の大変さややりがいを体験することができるため、ボランティア活動は、保育士になるための貴重な経験になります。

高卒で保育士になれるのか

高卒で保育士になれるのかについて2つ紹介します。

・高校卒業だけでは保育士になることは不可能なのか

・高校を卒業を経て保育士として働く方法

下記では、それぞれについて解説します。

高校卒業だけでは保育士になることは不可能なのか

保育士になるには、保育士資格を取得する必要があります。保育士養成施設を卒業する場合、通常は2年間のカリキュラムを修了して保育士資格宇野取得となります。また、保育士養成施設に進学しなかった場合は、保育士試験に合格して、保育士資格を取得する必要があります。

保育士試験は国家試験であり、合格率は毎年変動しますが、一般的には難関とされています。したがって、高校卒業だけでも、保育士資格を取得してさえいれば保育士になることはできます。

高校を卒業を経て保育士として働く方法

高校を卒業した後、保育士になるため取るべき行動は、保育士養成施設に進学することと、保育士試験に合格することが挙げられます。保育士養成施設に進学する場合は、専門的な知識や技術を学びながら実習も行います。卒業後には、保育士の国家資格を取得することが可能です。

一方、保育士試験を受験する場合は、高校卒業後に指定の養成施設を修了するか、就職して実務経験を積む必要があります。指定の養成施設を修了すると、試験を受ける資格が得られます。また、実務経験を積む場合は、保育士として働きながら実務経験を積み、一定期間後に試験を受けることができます。

高卒以外の人が保育士になりたい場合

高卒以外の人が保育士になりたい場合について3つ紹介します。

・高校を卒業していない場合

・大学を卒業した場合

・大学や専門学校を退学した場合

下記では、それぞれの場合について解説します。

高校を卒業していない場合

中卒の方が保育士になる方法は、2つあります。まず、保育士養成学校に進学し、学び、卒業することが1つ目の方法です。この場合、高卒認定試験に合格する必要があります。そして、2つ目の方法は、保育士試験に合格して資格を取得することです。

この場合、実務経験が必要で、中卒の場合は5年以上かつ7,200時間以上の経験を積む必要があります。つまり、中卒の方が保育士になるためには、保育士養成学校に進学するか、実務経験を積んで保育士試験に合格する必要があります。

大学を卒業した場合

保育士試験に合格するためには、勉強して試験対策を行わないといけませんが、比較的短期間で合格することができます。一方、大学で科目を履修する場合は、幅広い知識を学ぶことができますが、就職活動や卒業後の進路を考慮する必要があります。

保育士養成施設では、実際の保育現場での経験を積むことができ、実践的なスキルを身につけることができます。

大学や専門学校を退学した場合

大学や専門学校を中退した人が保育士になる方法は、保育士養成学校を卒業するか、保育士試験に合格することです。専門学校中退の場合は、高卒であれば保育士試験を受験できます。

また、2年制の短大中退の場合も同様に受験資格を満たせば受験が可能です。さらに、4年制大学または3年制の短大中退の場合は、在学期間が2年以上かつ修得単位数が62以上であれば受験資格があり、実務経験や関連資格を持っている場合は、保育士試験の受験資格を得ることができます。

誰もが保育士になる夢は叶えられる

保育士になる方法は、保育士養成学校に通うか、保育士試験に合格することのいずれかとなっていますが、保育士になることはそこまで難しくありません。保育士養成学校に進学することで、資格を取得することができますし、保育士になりたいと思った瞬間から勉強を始めて保育士試験に合格すれば、保育士になることが可能です。

また、保育士になるためには実習も必要でとなるので、学校内での実習や保育施設でのボランティア活動を通じて実践的な経験を積むことも重要です。

まとめ

本記事では、保育士になるために高校生からできることを紹介しました。保育士になるために高校生からできることは、何があるかを理解できたかと思います。保育士になるためには、それまでの準備が非常に重要です。これから、保育士を目指す人は、ぜひ本記事の内容を実践してみてください。