転職ノウハウ

保育補助とはどういった職業なのか、仕事にするメリットやデメリットを合わせて紹介

保育補助とはどんな職業かご存知ですか。保育士になりたい人は保育補助という職業も視野に入れておくことが重要です。そこで本記事では、保育補助とはどういった職業なのか、仕事にするメリットやデメリットを合わせて解説します。保育士や保育補助として働きたい人はぜひ参考にしてみてください。

保育補助とは保育士のサポートをする職業

保育補助とはどんな職業なのか知らない人も多いと思います。ここでは、保育補助とはどんな職業なのかを2つの点から紹介します。

・保育士と異なる点とは

・なぜ保育補助という職業が必要なのか

下記では、それぞれについて詳しく解説します。

保育士と異なる点とは

保育補助は、保育士のサポートをする仕事です。保育士の指示や指導のもとで働き、子どもたちの世話や遊びのサポートを行い、保育士の負担を軽減します。また、保育士と比べて、保育補助には資格や経験の要件が低い傾向にあります。保育補助は、保育士と協力して子どもたちの成長をサポートする重要な存在なのです。

なぜ保育補助という職業が必要なのか

保育士の仕事を軽減するためには、保育補助が欠かせません。保育士は子どもたちの世話や教育に専念するため、保育補助が仕事の一部を引き受けることで負担を軽減できます。保育補助がいることで、保育士は子どもたち一人ひとりにより多くの時間を割くことができ、個別のニーズに対応することができます。

また、保育補助は子どもたちの安全管理にも貢献します。たとえば、子どもたちの移動時や外出時において、保育補助がサポートすることで事故や迷子のリスクを低減することができます。保育補助の存在は、保育士の負担軽減や子どもたちへの個別対応、安全管理の強化につながる重要な仕事です。

保育補助とは①仕事内容

保育補助の施設内容はどういったものがあるのでしょうか。代表的な施設での仕事内容を4つの場合から紹介します。

・幼稚園の場合

・保育園の場合

・乳児クラスの場合

・幼児クラスの場合

下記では、それぞれの仕事内容について解説します。

幼稚園の場合

幼稚園での保育業務は、子どもたちの安全な生活環境を整えます。子どもたちが安心して利用できるようにトイレの清掃や手洗いのサポートをします。また、子どもたちの遊びや学びの場を提供し、保育活動に参加します。遊びの場では、おもちゃや遊具の準備をし、学びの場では、子どもたちが興味を持ちながら学べるような活動をサポートします。

保育園の場合

保育園での保育業務は、子どもたちのケアや教育を行います。具体的には、子どもたちの安全や健康管理を徹底し、事故や病気の予防に努めます。また、保護者とのコミュニケーションも重要であり、子どもたちの成長や様子を報告し、保護者の要望や質問にも対応します。

乳児クラスの場合

乳児クラスの保育補助では、乳児たちの日常生活のお世話をします。食事やおむつ交換などの身の回りの世話や、乳児たちの安全を確保するために、遊び場やお昼寝場所の準備や片付けを行います。さらに、乳児の成長や発達を促すために、遊びや教育活動のサポートも行います。保育補助の役割は、乳児たちの健やかな成長をサポートすることにあります。

幼児クラスの場合

幼児クラスの保育補助業務では、子どもたちの安全を守るために見守りや監督を行います。保育士の指示に従い、子どもたちの食事やトイレのサポートも行います。また、保育活動を楽しく実施するための支援も行います。

保育補助とは②仕事にするメリット

ここまでで、保育補助の仕事内容が理解できたかと思います。次に、保育補助を仕事にするメリットを3つ紹介します。

・資格を取得していなくても働ける

・保育士試験の受験資格を満たせる

・プライベートと両立できる

下記では、それぞれのメリットについて解説します。

資格を取得していなくても働ける

保育補助の仕事は、保育士の資格を持っていなくても働けます。保育士の資格を取得するには時間と費用がかかりますが、保育補助の仕事ではその負担をかけずにすぐに始められます。保育士同様、子どもたちと遊んだりお話をしたりすることで、子どもたちの成長を見守ることができます。

保育補助の仕事は、子どもたちとの触れ合いを通じて自分自身も成長し、新たな学びを得ることができる素晴らしい仕事です。また、保育補助として就業されたい方はこちらも参照ください。

参照:保育補助者 – 職業詳細 – job tag – 厚生労働省

保育士試験の受験資格を満たせる

保育士試験の受験資格を得るためには、保育補助の経験が役立ちます。保育補助の仕事を通じて、子どもの成長や発達に関する知識や、適切な保育方法を学べるというメリットがあります。また、保育補助の経験は、将来の保育士としてのキャリアにおいて非常に有益であり、保育士試験の合格にも大きく貢献します。

プライベートと両立できる

保育補助の仕事はプライベートと両立できるというメリットがあります。保育補助の求人は、ほとんどがパートやアルバイトなため、出勤日の融通が効きやすいです。また、保育士はストレスや疲労が溜めやすい職業なため、本来の休日は疲労回復に重きをおく必要があります。

保育士よりも負担が少なく出勤日の融通が効きやすい保育補助は、プライベートも楽しみつつ働けるという大きなメリットがあります。

保育補助とは③仕事にするデメリット

保育補助の仕事は、メリットだけでなくデメリットも存在します。ここでは、保育補助を仕事にするデメリットを3つ紹介します。

・担当したい仕事ができない

・子どもと関わる機会が少ない

・給料が少ない

下記では、それぞれのデメリットについて解説します。

担当したい仕事ができない

保育補助を仕事にするデメリットとして、担当したい仕事ができないことが挙げられます。保育補助は働けるハードルが低い分、任してもらえる業務に制限があります。保育補助は、保育士のサポートが主なため、主体的になって業務を行うことはあまりありません。そのため、さまざまな種類の業務をこなしたいという人には、保育補助をおすすめしません。

子どもと関わる機会が少ない

保育補助は、イベントの準備など、裏方の仕事をすることも多いため、子どもと関わる機会が少ないといったデメリットもあります。仕事の忙しさや時間の制約により、子どもとの関わりが少ないことは、子どもたちとの距離を縮めることが難しく、子どものニーズに応えられないことも多いです。

給料が少ない

保育補助は、給与が低いといった大きなデメリットがあります。先ほどメリットとしてプライベートと両立できることを挙げましたが、その分、勤務時間や勤務日数が少ないため、給料はあまり期待できません。また、資格を取得をしていなくても勤務できることも給料が少ない理由の1つです。

保育補助とは④働き方

保育補助の仕事内容とメリット、デメリットを理解したところで、次に、保育補助の働き方を解説します。保育補助の働き方は大きく分けて3つあります。

・保育補助の短時間バイト

・保育補助のフルタイムパート

・保育補助の正社員

下記では、それぞれの働き方について解説します。

保育補助の短時間バイト

保育補助のパートは、保育園や幼稚園での一時的な補助業務を行う仕事です。保育士のサポートをするため、子どもの見守りや遊び相手、食事やおむつの交換などの業務を担当します。短時間で働けるため、学生や主婦など、時間の制約がある人に適しています。

保育補助のパートは、子どもが好きな人や将来保育士を目指している人にとって、貴重な経験となるでしょう。

保育補助のフルタイムパート

フルタイムパートの保育補助は、週5日勤務で1日8時間程度働きます。この仕事は、保育園や幼稚園などの施設で行われます。保育補助の役割は、子どもたちの日常生活をサポートすることです。具体的には、食事や着替えの手伝い、トイレのサポートなどがあります。また、遊びの指導も行います。

子どもたちが楽しく遊べるように、遊びのアイデアを提案したり、遊び方を教えたりします。さらに、保護者とのコミュニケーションも重要な役割です。保護者との連絡帳の記入や面談などを通じて、子どもたちの様子や成長を伝えたり、保護者の要望や質問に対応したりします。フルタイムパートの保育補助は、子どもたちの成長を支える大切な仕事です。

保育補助の正社員

保育補助の正社員は、保育施設や幼稚園などで正規雇用されて働きます。正社員として雇用されることで、安定した収入を得ることができます。また、社会保険や労働基準法の保護を受けることができます。これにより、健康保険や厚生年金などの社会保険に加入することができ、病気やケガの際にも医療費の一部が補償されます。

さらに、労働基準法に基づいた労働条件や労働時間の制限を受けることで、適切な労働環境で働くことができます。正社員としての雇用は、保育補助の仕事において安定した収入や待遇を受けることができます。

保育補助とは⑤なりたい人がしておいた方が良いこと

保育士として働きたい人と、保育補助として働きたい人で、しておいた方が良いことは違うのでしょうか。保育補助になりたい人がしておいた方が良いことを5つ紹介します。

・子どもと積極的に関わっておく

・子どもに関する知識の勉強をしておく

・応急処置を身につけておく

・ピアノの練習をしておく

・求人サイトを逐一チェックしておく

下記では、それぞれについて詳しく解説します。

子どもと積極的に関わっておく

保育補助になりたい人がしておいた方が良いこととして、子どもと積極的に関わっておくことが挙げられます。子どもと接するのが上手い人は、年下の兄弟がいたり、子どもと関わる経験が多い人がほとんどです。

初めから、うまく子どもに接することができる人は、ほんのひと握りで、どれだけ子どもと関わってきたかが、子どもとの接し方が上手いか、下手かを左右します。つまり、積極的に子どもと関わっておくことで保育士になった時に大きなアドバンテージとなります。

子どもに関する知識の勉強をしておく

保育補助の仕事には、子どもの発達段階や特性を学ぶことが重要です。たとえば、乳幼児は言葉を話せないため、身体表現や泣き声で意思を伝えます。このような特性を理解することで、子どもたちの成長をサポートできます。また、子どもの心理や行動に関する基礎知識を学ぶことも重要です。

子どもたちは未熟な心理を持っており、思いやりやルールを理解することが難しい場合もあります。しかし、基礎知識を身につけることで、子どもたちの心理状態や行動の背後にある意図を理解し、適切な対応やサポートを行えます。

応急処置を身につけておく

緊急時に冷静に対応するためには、応急処置の基本的な知識を学ぶことが重要です。怪我や病気が起こった場合、救急箱の中身や使い方を知っていると、迅速かつ効果的な処置ができます。

また、心肺蘇生法や止血法などの技術を習得しておくと、命を救える可能性が高まります。たくさんの子どもの命を預かっている保育士や保育補助はこれらの知識や技術を身に付けておかないといけません。

ピアノの練習をしておく

保育補助になりたい人がしておいた方が良いこととしてピアノの練習をしておく ことが挙げられます。基本は、保育士がピアノを弾きますが、保育補助が代わりに弾く場合もあります。歌を歌うのが好きな子どもは多いのでピアノを弾くことができれば、子どもたちとの距離を縮めることができます。

求人サイトを逐一チェックしておく

求人サイトを定期的にチェックすることは、自分が希望する保育施設の求人情報を見逃さずに把握するために非常に重要です。求人サイトをチェックすることで、保育施設の募集要項や条件を確認し、自分の条件に合った求人に応募することができます。

また、求人サイトを逐一チェックすることで、保育施設の求人情報が更新されたり、新たな求人情報が追加されたりした場合にもすぐに知ることができます。また、保育補助の募集人数はあまり多くないので、保育補助の仕事をしたい人は、よりこまめにチェックすることが必要です。

保育補助に向いている人

保育補助に向いている人は、子どもと関わる仕事でプライベートも充実させたい人です。給料面では保育士の方が優遇されていますが、勤務日数や仕事でのストレスや疲労を考えるとどちらもメリットとデメリットが存在します。また、最初に保育補助として働いてみて、保育の仕事が自分にあっていると感じたら、保育士として就職するという働き方もおすすめです。

まとめ

本記事では、保育補助とはどういった職業なのか、仕事にするメリットやデメリットを合わせて解説しました。保育補助がどのような職業なのか理解できたかと思います。保育士になりたい人は、保育補助として働くことも視野に入れて将来を考えることが重要です。

本記事を読んで保育補助として働きたいと思った人は、保育補助になりたい人がしておいた方が良いことを実践して就職を有利に運びましょう。