転職ノウハウ

保育士の面接でなぜ落ちるのか?不採用になる原因とその対策!

面接の事前準備をしっかり行ったにもかかわらず、不採用の通知が届いたらショックで気持ちを切り替えられないこもしれません。

どうして落ちてしまったのか採用担当者から直接理由を教えてもらえることは少ないので、改善方法が分からないままで悩んでしまうでしょう。

もしかしたら、自分自身が気づいていない原因があり、面接で不採用になってしまった可能性があるかもしれません。

本記事では、保育士の面接で落ちてしまう際に考えられる理由と改善すべきポイントについて、具体的に紹介していきます。

保育士の面接で落ちる理由

保育士の不足問題が続いていますが、面接に受からなければ保育士として働くことはできません。

子ども達と接することは得意でも、面接は苦手という方は多いです。

保育園の面接を受けて落ちしまう場合は、どのような原因が考えられるのでしょうか。

面接に落ちる原因として考えられる理由について解説します。

志望動機が弱い

面接では職務経歴書・履歴書だけでは確認できない部分を確認します。

保育士がその園を選んだ理由や、目指すことに決めたきっかけなどを分かりやすく説明できなければ、志望動機が弱く固まっていないと、採用担当者は印象付けてしまいます。

志望動機の内容が弱い場合、面接では高い評価を得られません。

面接を受ける園に魅力を感じたポイントを分析したり、自分の今までの経験を深掘ったりして、志望動機をしっかりと説明できるようにしましょう。

園の保育観と異なる

保育園の保育観や条件と面接を受ける側の考えが合わない場合、採用担当者は園に合わないと考え、面接が不採用となってしまう可能性があります。

しかし無理に園の条件に合わせる必要はないため、園のホームページで情報を集めたり、園見学に参加をして情報を集めていき、自分の保育観とマッチする園を探すことが大切です。

希望する休日や給与やなどの勤務条件が応募条件に合わない場合も、不採用よなる可能性は高いです。

特に、休日や給与に関しての質問が多いと、採用担当者にマイナスな印象を与えます。内定をもらった後でも勤務条件は確認できるため、面接時の勤務条件に関する質問は最低限に抑えておきましょう。

笑顔がない・声が小さい

面接で第一印象を良くするためには、挨拶と笑顔はとても大切です。選考時に笑顔がない人は不採用となってしまう可能性があります。

表情が暗く笑顔がなければ、マイナスな印象を与えます。声が小さく、弱気な人が話す場合も同様です。

子どもは大人の表情をよく観察し、そこから多くの情報を理解しようとします。

そのため、暗い表情で子どもに接していては、子どもが言葉の意味を暗いイメージで理解してしまう可能性があります。

子どもの成長に良い影響を与える点からも、笑顔でハキハキとした話し方ができることは大切なポイントです。

また、保育士という業種に関わらず、面接では明るい表情で対応することをおすすめします。

意欲が感じられない

保育業務に対する意欲や、保育園で働きたいという熱意がどれほどあるのかを上手く伝えられないと、面接が不採用となってしまう可能性があります。

熱意や意欲がない方を雇用しても、すぐに辞める可能性があると判断してしまうからです。

また、質問をされてあいまいな回答をしたり、待遇ばかり気にしていたりすると、仕事への熱意がないと採用担当者にマイナスなイメージを抱いてしまいます。

面接を受ける前に志望する保育園の保育方針や理念について詳しく調べ、どうしてその園で働きたいのかを整理し、しっかり答えられるようにすることが大切です。

コミュニケーション能力が低い

聞かれたことに対してきちんと回答することは面接の基本です。

保育士は子どもの対応だけでなく保護者とのコミュニケーションも業務の一部となります。

相手の話をさえぎって自分の話をしてしまう場合や、面接官と話がかみ合わない場合も不採用になりやすい可能性があります。

また、質問に対してあいまいな回答や、聞かれた内容とは違う発言をしてしまうと、説明力や理解力が足りていないと判断される場合があります。

コミュニケーション能力が低いと捉えられてしまうかもしれないので、しっかりと集中して質問を聞くことが大切です。

マナーの悪さが目立つ

謝辞や時間厳守、基本的なマナーを守ることは採用する上で大前提となります。

特に、言葉遣いが悪い場合は、子どもへの影響を考えて不採用になる可能性が高いかもしれません。

また、採用担当者が話している場合は、姿勢を正して相手の話しを聞きましょう。目を見て背筋を伸ばし落ち着いて、しっかり聞きましょう。面接時にプラスの印象を与えるので、椅子に座る際は姿勢を整えることが大切です。

目を見る際には、凝視しすぎないよう注意しましょう。時々、意識して目線をはずすように心掛けることが大切です。堂々とした雰囲気を感じてもらい良い印象を与えるかもしれません。

面接を突破するには

面接を突破するためには、しっかり対策を立てて、万全の状態で挑むことが大切です。

下記ではいくつかのポイントについて解説していきます。

保育園で働く熱意を伝える

面接では採用担当者に、志望している保育園で働きたいという熱意や意欲があるかどうかを上手く伝えることが重要です。

ただやる気があると回答するだけでは意欲のアピールにはなりません。

その保育園の教育方針や勤務条件について調べて、その中で自分のスキルや経験が活かせる内容を踏まえて意欲を伝えることが大切です。

また、見学に訪れたりして、雰囲気について理解を深めておくことが大切になります。

採用担当者は採用後、どのような活躍ができるかもチェックしています。自己PRや志望動機の中でキャリアプランについて詳しく話すことができれば、長期的に勤務する意欲が伝わり好印象を得られるかもしれません。

知識や経験があるか

保育士の需要が高い現在だと、転職活動の面接では即戦力としての活躍が求められる場合が多いです。経験者を求めている場合には、即戦力として活躍できるかなどがアピールポイントになるでしょう。

保育士に必要なスキルや知識は、病気に対する知識や観察力、視野の広さなど多岐にわたります。

自分の活かせる強みや長所を採用担当者に伝えましょう。強みや長所を伝える際には、裏付けとなるエピソードを併せて伝えられると良いです。

人柄のよさをアピール

保育士は、子供が好きという理由だけでは務まりません。協調性や対応力、コミュニケーション能力が重要です。

面接では、丁寧な言葉遣いで話すなど礼儀正しくすることが大切です。

面接中は言葉遣いを工夫して伝え、採用担当者に対して笑顔で話すようにしましょう。

内容に応じて相槌を打ったりすることも面接で重視されるポイントです。採用担当者の話をきちんと聞いていないといったことがないように注意しましょう。

働く姿をイメージする

面接で採用担当者は、応募者が採用後にどのような働きをしていくのかを具体的に知って、保育園の方針と合うのかを確認しています。

これは、採用後にどのような活躍をするかをイメージするだけでなく、採用のミスマッチを防ぐことにもつながります。

面接中は働いている姿がイメージできるような返答を心掛けることが大切です。この点は、実際に面接を行わなければ確認できません。

質問者の意図を知ることで、適切に対処できるようにしましょう。

また、応募した保育園の方針や雰囲気と、あなた自身の性格やこれまでのスキル・経験でマッチするポイントなどがあれば、アピールすると良いです。

身だしなみを再度チェックする

身だしなみは第一印象を良くするための重要なファクターの一つです。

服装・髪型・メイクと面接時の身だしなみを再度チェックしましょう。

・服装

安心感や清潔感、誠実さが感じられる服装を心掛けましょう。

男女共にスーツを着用し、シャツのアイロンがけを忘れずに行いましょう。

上下のスーツにホコリや糸くずはついていないなど、隅々までしっかりチェックをしましょう

・髪型

奇抜な髪型や明るい髪色は避けましょう。

ロングの方は髪をまとめた方が、おろすより清潔感があり、いいイメージを残します。

ショート・ミディアムの場合は、顔が隠れてしまわないよう、横髪を耳にかけてヘアピンで固定しましょう。髪の毛を耳にかけることで、顔の輪郭が見えて、スッキリとした印象に見せてくれます。また、寝癖がないかを出かける前に忘れずに確認しておきましょう。

男性も女性と同じく、奇抜な髪型や明るい髪色は避けましょう。

ボサボサな髪や寝癖は不衛生なのでマイナスなイメージを与えてしまいます。

無香料のワックスを使用して整えましょう。

つけすぎると、髪の毛がテカテカになるので注意しましょう。

・靴と鞄

靴は茶色や黒が一般的です。女性の場合、ヒールの高さは3〜4センチくらいが良いです。

面接前日までにしっかり磨き、艶を出しておきましょう。カバンも落ち着いた色のシンプルなタイプを選びましょう。ブランド物のバッグや、大きなロゴが入ったメーカーのバックなどは避けましょう。面接中に足元に立てておけるような、手を離して自立するタイプのバックを選びましょう。

見た目であなたの印象を良くするために身だしなみを再確認してみましょう。

まとめ

今回は、保育士の面接で落ちる際に考えられる理由や原因を紹介しました。

保育園の求める条件とマッチしていなかったり、働く姿をイメージできなかったりすると、採用担当者にマイナスなイメージを与えてしまうかもしれません。

面接では礼儀正しく、笑顔で会話することを意識しながら、自分のエピソードを交えて仕事への意欲をアピールすることが大切です。

本記事を参考にして、希望する園に採用されるためのポイントを理解してもらえれば幸いです。