転職ノウハウ

保育士に向いてる人と向いてない人の特徴をそれぞれ解説

保育士に向いてる人の特徴を知っていますか。保育士になりたい人は向いてる人と向いてない人の特徴を知っておくことが重要です。そこで本記事では、保育士に向いてる人と向いてない人の特徴を紹介します。保育士になりたい人はぜひ参考にしてみてください。

保育士に向いてる人の特徴を4つ紹介

保育士に人が向いてる人が持っている特徴について4つ紹介します。

・十分な身体的な持久力を持つ人

・周りの人とのコミュニケーションを楽しめる人

・忍耐力によって長期的に取り組むことができる人

・観察力が高い人

下記では、それぞれの特徴について解説します。

十分な持久力を持つ人

保育士の仕事には、体力が必要不可欠です。体力が不足すると、適切に子供たちに対応できなくなる可能性があります。さらに、保育士はよく動くため、多くの人が腰痛を経験しています。そのため、体力だけでなく、定期的な身体のケアも不可欠です。ストレッチや適度な運動を取り入れることで、筋力を維持し、腰への負担を軽減しましょう。

周りの人とのコミュニケーションを楽しめる人

保育士の仕事では、子供たちだけでなく、保護者や地域の人々ともコミュニケーションを取る機会がたくさんあります。そのため、保育士にはコミュニケーション能力が要求されます。コミュニケーション能力を向上させることは非常に重要であり、子供たちや保護者、地域の人々との信頼関係に大きく影響してきます。

コミュニケーション能力を高めるためには、積極的に話を聞く態度を持ち、相手の意見や感情に寄り添うことが重要です。また、明確な表現力や伝える力も必要です。

忍耐力によって長期的に取り組むことができる人

保育士は、子供が好きな人にとってやりがいのある仕事ですが、思うように行かないこともたくさんあります。例えば、子供たちが指示に従わなかったり、子供どうしで喧嘩が起こったり、よく日常的に発生します。そのため、保育士は困難な時期にもねばり強く取り組むことができるかがとても重要になってきます。

観察力が高い人

観察力の高い保育士は、子供たちの表情や様子を細かく観察できるため、保育士としてとても重宝されます。この観察力によって、子供たちの体調不良や問題を見逃すことが少なくなります。例えば、子供が元気そうであっても、観察力の高い保育士は微妙な変化に気づくことができ、体調不良や問題の兆候である場合、早期に対処することができるでしょう。

保育士に向いてる人のその他の特徴を5つ紹介

保育士に向いてる人の他の特徴を5つ紹介します。

・アクシデントが起こっても柔軟に対応できる人

・前向きに考えられる人

・計画を立てて行動ができる人

・子供との交流を楽しめる人

・子供の発育に必要な要素を考えられる人

下記では、それぞれの特徴について解説します。

アクシデントが起こっても柔軟に対応できる人

保育士の仕事は、予期せぬ出来事に柔軟に対応する力が求められます。例えば、突然の病気やけがの応急処置や、保護者からの急な連絡にも迅速に対応する必要があります。保育士の仕事は予測不可能な状況も多いため、臨機応変な対応能力が要求されます。

前向きに考えられる人

子供達のことを思って頑張ったことが、喜んでくれなかったり、気づいてくれなかったりすることは、保育士にとってつらいことです。そのような時には、子供の気持ちを理解し、自分自身を励ましてポジティブに考える必要があります。

子供からの感謝の言葉があれば救われますが、それがなくても、自分が子供のために尽くしたことに誇りを持ちましょう。見返りを求めずに、子供に対して前向きに考えることは、子供たちとの関係を良好にする一つの重要な方法です。

計画を立てて行動ができる人

保育士の仕事には、保育園の環境づくりや活動内容の考案だけでなく、子供たちの将来的な目標設定なども含まれています。例えば、環境づくりでは、子供たちの行動を予測し、机の配置や危険物の位置などを考えることで、保護者の安心感を高めながら、安全で楽しい保育環境を作ることができます。

また、子供たちが将来的にできるようになってほしいことを考えて、順序立てて取り組む内容も考えます。さらに、怪我や質問に対応するためには、事前に対処策を考えておくことも重要です。

子供との交流を楽しめる人

保育士に向いてる人物は、子供たちとの交流を楽しめる人です。子供たちは先生の表情や行動をよく見ています。先生が楽しそうにしていれば子供たちも楽しくなります。また、逆も然りで、先生が楽しくなさそうだと、子供たちも楽しくなくなってしまいます。

子供との交流を楽しむためには、子供との距離を近づけなければなりません。そのためにも積極的なコミュニケーションが求められます。

子供の発育に必要な要素を考えられる人

保育士には、子供の発育に必要な要素を考えられる力が求められます。子供に助けを求められても、成長させるためにあえてサポートしない選択をとったほうがいい場面もあります。子供が大好きな人であれば、子供の困難は助けてあげたいと思いますが、心を鬼にして応援する姿勢は結果的に子供の成長につながるのです。

保育士に向いてない人の特徴を4つ紹介

保育士に向いてない人の特徴を4つ紹介します。

・内気で消極的

・体力に自信がない

・潔癖な一面がある

・同時に複数のことを進めることが苦手

下記では、それぞれの特徴について解説します。

内気で消極的

内向的な人や消極的な人は保育士に向いていません。大勢の子供の面倒を一度に見るため、自分が主体的にならなければなりません。消極的な人は、受け身になりがちで距離を縮めることができず、関係構築に時間がかかります。

体力に自信がない

保育士は、常的に子供たちを抱っこしたり一緒に遊んだりするため体力を消耗します。特に、仕事に支障をきたすほどの疲労が続けば、将来的に保育士を続けられなくなってしまいます。そのため、自分の健康管理に気をつけながら、無理をしないことが大事になってきます。

しかし、保育士になったばかりはすぐに疲れを感じますが、慣れてきた頃には、体力も以前より向上しているはずです。

潔癖な一面がある

保育士の仕事は、子供たちと一緒に泥んこ遊びを楽しんだり、子供が食べ物を散らかしたりするなど、汚れる機械がさまざまあります。また、トイレの失敗やおう吐物の片付けなどで汚れることも少なくありません。

そのため、潔癖な人は向いていないかもしれません。保育士は子供たちの健やかな成長をサポートする役割を果たし、子供たちと一緒に遊びながら学びを提供することが求められます。しかし、汚れることが苦手な人や清潔好きな人にとっては、この仕事はストレスや苦痛になります。

だからこそ、保育士を目指す前に、自分自身の苦手意識や性格、清潔好きな性格などをよく考え、自分に合った職業を選ぶことが重要です。

同時に複数のことを進めることが苦手

保育士は、緊急の対応や活動の進行を急いだりと複数のことを進めなければなりません。しかし、これは容易ではありません。保育士は経験を通じて、効率的な方法を身に付けることができますが、集中しすぎると周囲が見えなくなるという懸念もあります。

保育士は常に子供たちの安全を確保するため、注意深く周りを見なければなりません。また、子供たちの成長や発達に応じて、保育方法を変える必要もあります。

保育士に向いてない人のその他の特徴を4つ紹介

保育士に向いてない人の他の特徴を4つ紹介します。

・約束を守れない

・文章を作成することが苦手

・思った通りに動けない

・比較癖がある

下記では、それぞれの特徴について解説します。

責任感がなく約束を守れない

保育士は責任感があり、約束を守れなければなりません。例えば、子供たちの約束を守らなければこれまでの信頼関係が水の泡になってしまいます。保育園では、急な体調不良や事故、突然の問題などが起こり得るので臨機応変に対応しなければなりません。

予期せぬ出来事が発生し、うまく対処できないとなると、子供たちが不安を感じて、クラス全体のバランスが崩れる可能性があるため、注意が必要です。自分が担当するクラスの子供たちの特徴を理解し、全体を見ながら、起こりうる出来事を予測することも重要です。

文章を作成することが苦手

保育士の業務には、子供たちの成長や日々の活動を詳細に記録し、的確な文章を作成する仕事が数多く存在します。例えば、保護者への連絡や報告書の作成などがその一例です。しかしながら、文章力が苦手な場合はこの業務がストレスになることもあります。文章で伝えたいことが上手く表現できず、自信を失ったり、時間がかかったりすることがあります。

文章力を高めるためには、日常的に文章を書く習慣を身につけることや、文章の構成や表現方法を学ぶことが効果的です。また、同僚や上司からアドバイスを求めたり、文章をチェックしてもらったりすることもおすすめです。文章力が向上すると、保育士としての業務がスムーズに進み、ストレスを感じることも減るでしょう。

思った通りに動けない

経験が浅い新人保育士さんが保育中に柔軟に対応できないことは、よくある悩みの一つです。その解決策としてとりあえずやってみることをポリシーに設定するのがおすすめです。やらない失敗よりやる失敗です。失敗をして、先輩保育士からの厳しい指導に落ち込むのではなく、むしろ成長の機会と捉えることが肝要です。

比較癖がある

保育士は自分に対して嫌悪感や劣等感を抱くことがあります。尊敬している同僚や先輩の保育士を見ながら、自分ができていないと感じてしまうと、その後の行動にもマイナスの影響を及ぼします。

しかし、劣等感を感じることは自然なことであり、成長の機会でもあります。自分ができていないことに焦点を当てるのではなく、自分の成長や進歩に注目することが大切です。自己嫌悪や劣等感に陥った時は、自分の強みや達成したことを振り返り、自信を取り戻す習慣をつけましょう。

保育士には後転的に向いてる人になれる

ここまで、保育士に向いてる人と、向いてない人の特徴を紹介しましたが、自分には向いてないと早々に保育士になる夢を断念する必要はありません。子供が好きな点以外の特徴が欠けていても、実際の保育現場で経験を積むことでその欠点は克服することができます。自分自身の弱点や苦手な点を冷静に認識し、努力をすることは非常に重要です。

例えば、コミュニケーションが苦手な人でも、保育現場での経験を通じてコミュニケーション能力を向上させることができます。他の保育士や子供たちとの関わりを通じて、自然とコミュニケーションスキルが身につくでしょう。

保育士に向いてる人はどういった貢献ができるか

保育士として働くためには、必ずしも保育園に就職する必要はありません。ほかの保育施設、例えば認定こども園や幼稚園、保育室、保育センター、保育グループホームなどでも勤務することが可能です。もし現在の職場が自分に合わないと感じた場合は、ほかの保育施設での働き方を試してみることも重要です。保育士の卒業者は、さまざまな場所で活躍することが可能です。

保育士養成施設の卒業者の6割が、保育所及び幼保連携型認定こども園に就職しています。その他にも知障施設や養護施設、養護施設などにも就職しています。

参照:指定保育士養成施設卒業者の就職先の割合

単に子供が好きなだけで保育士に向いてると言えるのか

保育士になるためには、子供が好きなだけでなく、子供の成長をサポートするために必要な知識やコミュニケーション能力、教育方法や心理学的な理解などの専門知識も必要です。また、保育士は子供たちとだけでなく、共働する保育士や保護者、地域の人々とも関わるため、協調性やリーダーシップ、問題解決能力などの幅広いスキルが求められます。

しかし、これらは実際に働いて失敗を繰り返すうちに後天的に身についていきます。しかし、そもそも子供が好きでないと保育士として働くことは困難です。子供が好きでない人が後天的に好きになるのは難しいと思います。なので、単に子供が好きなだけでも保育士に向いてる素質があると言えます。

まとめ

本記事では、保育士に向いてる人の特徴を紹介しました。保育士になるためには、まず、自分が向いているのか知っておくことが重要です。もし、向いている人の特徴に当てはまらなければ、それらの特徴を意識して後転的に適正に近づけることができます。

保育士で自分は向いてないと悩んでいる人や、保育士を目指している人は、ぜひ、本記事で紹介した特徴を意識して取り組んでみてください。


しんぷる保育では、各地域の特性を熟知した就職アドバイザーが、あなたに合った保育士求人を提供します。登録や相談の段階から入職に至るまで完全無料で保育士の転職を徹底サポートしています。ぜひあなたも安心安全な環境のもとで、保育士に挑戦してみませんか。

相談だけでも無料なので、まずはお気軽にお問い合わせください。